北九州・魚部 発行 ギョブマガジン「ぎょぶる」


「生きもの好き」「自然好き」が集う場として、北九州市を拠点に始まった北九州・魚部。部活動である魚部を受け継ぎ、
さらにパワーアップしようとアマチュアからプロの研究者まで、様々なジャンルの多様な部員たちが早くも全国各地に増え
つつあります。その北九州・魚部に集う人びとが生きものや自然、自然の中での暮らしについて、思い思いに綴ったエッセ
イを読めるのが本誌です。6・10・2月の年3回刊行を予定しています。





★『ぎょぶる』が日本タウン誌・フリーペーパー大賞2017で
大賞を受賞いたしました!

http://award.nicoanet.jp/tm_01_grand_prix.php


北九州・魚部、井上大輔・中島淳(企画・編集・発行), 2017. 特盛どじょう本」は⇒こちら




第6号 (2017年8月発行) 
B5, 66pp. 800円(税込・送料別)
●巻頭特集 全国どじょう料理紀行 食べて歩いてどじょう旅
北海道・旭川「焼鳥よしや」2
東京・新大久保「チャムナム家」4
東京・椛谷「うなぎ・どじょう 川松」5
静岡「どぜう やぶや」6
岐阜・飛騨「川甚亭」8
京都「焼肉 大香園」9
京都「西陣 松粂」10
大阪「大衆酒場 ひらやま」12
大阪「大邱家」13
愛媛「御所苑」14
愛媛「うどんみよ」16
福岡「古漣」18
佐賀・小城「柳川 食堂いつもんとこ」19
東京「駒形どぜう」20
富山・南栃市「どじょう蒲焼文化」22
どじょうを食べる話 24
京都・八木「アユモドキクッキー」25
栃木・那須「林屋」すなさび料理に挑戦!26
●どじょうを創る人々 創作心くすぐる癒し髭
羊毛で作るドジョウのペンケース 海月羊 廣瀬はる 28
しあわせの黄色いドジョウ 柳下さやか 30
どじようモビール作り体験レボ よしいいくえ 32
東北から 毛糸でつなぐ どじょう愛 足立千佳子 34
ドジョウ栞工場奮闘記 鈴士由香 36
●おまかせエッセー
ドジョウの記憶 盛口満 38
ギョバグラフ 古谷千佳子 40
【連載・その六」海のこと山のこと 竹川大介 42
街の縁台 大畢堂から、南の島へ「梅雨明けとアダンの実」木下靖子 44
九州の淡水魚 その六 ツチフキとゼゼラ 中島淳 46
何でこれが売れるの? 武田晋一 48
第五編 旬の魚料理 貴舩恭子 50
がむしといふいきもの オガタツヤヒラタガムシ 蓑島悠介 52
山口県の川と生き物たちB 大きく、美しければ天然アユ? 畑間俊弘 54
熱帯雑魚釣り紀行vol.2 スリムリバーのコイ科祭り@ 丸山宗利 56
くちなわ途〜みち〜 田原義太慶 58
●魚部員図鑑 60
●ぎょぶってます。62
どじようモビールの作り方・編集後記・・・・・・・……66

------------------------------------------------------------------------------------

第5号 (2016年11月発行) 
B5, 64pp. 800円(税込・送料別)
●巻頭特集 種子島に魚部伝来。
種子島の自然 ハンミョウが表す際立つ自然の豊かさ 2
種子島の自然 さまざまな水生生物 4
種子島の自然 水生昆虫@ 6
種子島の自然 水生昆虫A 8
種子島の自然と歴史 玉依姫と赤米 10
種子島の歴史と人 石堂和博さん 12
ゲスト寄稿1 ヒトと種子島との3万年 石堂和博 14
種子島の自然と人 田中清明さんご夫婦 16
種子島の自然と歴史 宝満池の鴨突網猟 18
種子島の自然と人 盆女ひかりさん、岩澤ファミリーと出会う 20
ゲスト寄稿2 種子島は生き物たちの宝箱 岩澤昭文 22
種子島の歴史と人 インギー鶏 24
●魚部員図鑑 25
●おまかせエッセー
連載・その五 山のカミの契り 竹川大介 28
街の縁台 大學堂「南の島に飛ぶ」木下靖子 32
九州の淡水魚 その五 ヤマトシマドジョウ 中島淳 34
ノリオの就農日記5 川崎コ雄 36
北の国から〜2016の貴子の夏 内田貴子 37
動物にとっての福祉 岩野俊郎 38
自然写真家の仕事 5 おかしい!何で売れないの? 武田晋一 40
島暮らしのススメ 第四編 帰島後の取り組み 貴舩恭子 42
魚部食道楽 VOL.5「飴源」ギョブマガジン編集部 44
深海をぎょぶるミズムシ 下村通誉 46
聞き書き語り〜西表島〜 神の魚・グザイユと祖納の人々 吉崎雄一 48
調べてみて分かること タガメとゲンゴロウの幼虫の食性は? 大庭信也 50
熱帯雑魚釣り紀行 vol.1 アマゾンのピラニア 丸山宗利 52
農家民泊ゆんたく日誌 狩猟と採集+農耕とイベントな暮らし 石原孝子 54
沢のゴキブリ探し 盛口満 56
ギョバグラフ 古谷千佳子 57
●ぎょぶってます。60
おまけ 沼秩父源五郎一座の実態とは! 57
ゆりよの成長日記・編集後記 64

------------------------------------------------------------------------------------

第4号 (2016年7月発行) ※創刊1周年を機に、表紙・中身の紙質、ページ数も大きく変わりリました。
B5, 64pp. 800円(税込・送料別)
●巻頭特集 宮古と池間とぎょぶ日和
クドウ隊長、池間島イーヌブー探検す。 2
数十年前までは海だった!
宮古諸島・池間島にある淡水の大湿地「イーヌブー」 4
イーヌブーの水生昆虫図鑑+その他の水辺の生物 6
クドウ隊長と島の子どもたち、イーヌブーのゲンゴロウ体験。 10
イーヌブーの野鳥図鑑?仲地邦博さんが撮影した鳥たち? 12
謎の道具「ンプラ」を駆使するゆかりさん 14
よっしい隊長、宮古島の湧水に感動す。 16
ゲスト寄稿@ 宮古の淡水生物 鹿野雄一 20
ゲスト寄稿A 宮古島の湧水とミヤコサワガニ 藤田喜久 22
ゲスト寄稿B 宮古島マイクロブルワリーの地下水を活かした地ビール造り 工藤雄太 32
●おまかせエッセー
ギョブリ必須アイテム『さで網』自作体験記 内田初弘・貴子 33
魚毒の草 盛口満 34
九州の淡水魚 その四 カライワシとイセゴイ 中島淳 36
自然写真家の仕事4 水のきらめきが感じられない 武田晋一 38
第三編 口永良部島の暮らし 貴舩恭子 40
第二回 奇妙な隣人との接し方
 「コケを苔にする」のはつまらない 大崩貴之 42
魚部食道楽 vol、4 
 「鯉御殿」鯉の洗い・鯉こく ギョブマガジン編集部 44
がむしといういきもの 
 エンデンチビマルガムシの日本からの発見 蓑島悠介 46
青い海と緑の海 古谷千佳子 48
街の縁台 大學堂
 「ああ、向うの辻からなにやら楽しげな音が聞こえてくるよ」 木下靖子 50
BOYS MEET SHARK vol、2 川原二朗 52
海のものとか山のものとか【連載・その四】 
 わかるとはなにか 竹川大介 54
ノリオの就農日記4 
 《念願のブドウ用ハウス完成》 川ア徳雄 56
僕と自然 藤田智紀 57
●ぎょぶってます 58
●魚部員図鑑 60
ゆりよの成長日記 64

------------------------------------------------------------------------------------

第3号 (2016年2月発行)
B5, 56pp. 500円(税込・送料別)
●特集 口永良部島大事典
ギョブ夫の口永良部島記〈前編〉三大秘湯巡礼 2
口永良部島ってこんなとこ〈歴史編〉貴舩森 4
口永良部島の成り立ちと地質 中川正二郎 6
親愛なる第2のふるさ島 ヒロダイと口永良部の45年 木村祐貴 8
ここにしかない海との出会い 調べてよし、釣ってよし、食べてよしの魚たち 木村祐貴 10
クチノエラブ魚類図鑑 木村祐貴・坂上嶺・佐々木司 12
エラブオオコウモリ 貴舩恭子 16
フォトギャラリー 千々岩孝道 17
ギョブ夫の口永良部島記〈後編〉水生昆虫調査 18
●魚部員図鑑 22
●おまかせエッセー
海のものとか山のものとか その三 標高五〇〇〇メートルで暮らす人々と循環の思想 竹川大介 26
関門絵日記 門司港レトロ周辺 魚住亮子・新司 29
魚の買い方 盛口満 30
自然写真家の仕事 仲間に入れてもらうということ 武田晋一 32
迷走する動物園 岩野俊郎 34
ギョバグラフ 古谷千佳子 36
九州の淡水魚 その三 カマツカ 中島淳 38
山口県の川と生き物たち 2 どの川のイシドジョウも同じなの? 畑間俊弘 40
魚部食道楽 Vol.3 どじょう打ち込みうどん 編集部 42
深海をぎょぶる 下村通誉 44
海と森を結ぶオタマジャクシ 宮形佳孝 46
町の縁台 大學堂 個人の記憶と偶然の劇場 木下靖子 48
みなさんは生き物を飼育するのが得意ですか? 工藤雄太 50
福岡県のトンボ解説 福岡県に北上してきたトンボ 青木卓也 52
ノリオの就農日記3 川ア徳雄 53
●活動報告 ぎょぶってます。54
●「魚文庫」の本棚から・編集後記 56

------------------------------------------------------------------------------------

第2号 (2015年10月発行)
※弊社在庫限り
B5, 48pp. 500円(税込・送料別)
●ぎょぶる2号特集
GYOBU的エリア図鑑 第1回福岡県うきは市 水郷うきはの魚ーてん!見聞録 1
ひっそり生き続けていた!? 巨瀬川産トゲナベブタムシ発見記。 2
絶滅したゲンゴロウ、福岡県で最後の標本はうきは市吉井町? 3
2003年秋、始まりは山間に残る小さな池調査 4
うきはの山茶〜生産から一貫して製造販売 新川製茶 6
日本一の在来茶畑〜 楠森堂 8
コガタノゲンゴロウだらけの池の横で〜 うきは唯一の干柿づくり 10
〆もやっぱり水(温泉)に浸かる! 原鶴温泉「延命館」 11
魚部員図鑑 12
活動報告 ぎょぶってます。 14
おまかせエッセー
キジムナーの入れ歯 盛口満 16
第二編 口永良部島の暮らし 貴舩恭子 18
イルカ問題 岩野俊郎 20
ナゴヤサナエ 青木卓也 21
ギョバクラブ 古谷千佳子 22
九州の淡水魚 その二 オオヨドシマドジョウ 中島淳 24
「知ること、伝えること、守ること」いきものと自然と遊ぶ 吉崎雄一 28
BOYS MEET SHARK 川原二朗 30
現代っ子のぼくとカエル 熊谷拓時 31
魚部食道楽 Vol.2 島魚料理・寿し 初枝 編集部 32
自然写真家の仕事2 師匠のこと 武田晋一 34
がむしといふいきもの 蓑島悠介 36
海のものとか山のものとか[連載その二] 狩猟系ギョブの誕生 竹川大介 38
魚の「味」 乾隆帝 40
山口県下関市の自然 川野敬介 42
街の縁台 大學堂 木下靖子 44
水生昆虫との出会い 上野由里代 46
ノリオの就農日記2 川ア徳雄 47
編集後記 48

------------------------------------------------------------------------------------

創刊号(No.1) (2015年6月発行) 
※弊社・発行元ともに完売
B5, 46pp. 300円(税込・送料別)
●創刊号総力特集
魚部誕生記〜北九州・魚部、始めます。
活動おしながき
 へい、らっしゃい!いろんなメニューでお待ちしとります。
魚部基地アクセスマップ
 ただ今、ときどき「仮営魚う」中。
魚部基地大解剖!
 目指せ!小倉の新名所
魚部員図鑑
 はやくも全国津々浦々で部員増殖中?
あなたも魚部員になりませんか? 魚部員募集のお知らせ
●おまかせエッセー
徒然なるままに魚部くらし
サケガシラの味 盛口  満
第一編 口永良部島の暮らし 貴舩 恭子
魚部マガジン『ぎょぶる』創刊にむけて 岩野 俊郎
奇妙な隣人との接し方 大崩 貴之
ギョバグラフ 古谷 千佳子
九州の淡水魚 中島  淳
屋久島探訪録 工藤 雄太
山口県の川と生き物たち1
 トゲウオ(ニホンイトヨ)にはもう逢えないのか? 畑間 俊弘
魚部食堂楽 Vol.1 エツの洗い 編集部
ボタ山ビオトープとニホンアカガエル 成富  勝
ムカシトンボ 青木 卓也
自然写真家の仕事1 就職したくない 武田 普一
ウミガメ随想 藍島とウミガメ 宮形 佳孝
魚と共に生きる寄生虫 下村 通誉
連載 海のものとか山のものとか
 ニホンミツバチの分蜂 竹川 大介
緑の縁台 大學堂 木下靖子
ノリオの就農日記1 川ア 徳雄
編集後記