空中設置式ライトトラップ

軽量な衝突板の下に、漏斗とコップが付いています。いわゆる「ライトFITトラップ」の一種で、走光性の飛翔昆虫採集用のトラップです(画像左:消灯時、画像右:点灯時)。
トラップ上部についたライトに誘引された虫が衝突板に当たって落下し、コップ内の保存液へ入るしくみです。
たくさん設置すればするほど成果が期待できます。

◇空中設置式ライトトラップの「3つの特徴」
・初心者の方でも簡単設置
・複数持ち運ぶ際にも、省スペース

・オリジナルの紫外線LEDライトフィット


本商品の最大の特徴は、簡単に設置が可能である点です(1基20秒ほどで設置可能)。
トラップをかける際には木の枝や軒下など、付属のS字フックで設置ができます。コップ等が重ねて収納できますので、複数のセットでも軽量・コンパクトに持ち運ぶことが出来ます。
トラップを自作する方も多いと思いますが、材料費や手間が予想以上にかかるというご意見を多く頂いております。
本商品は現在弊社のみの販売となっております。初心者の方にも簡単に設置できますので一度お試し下さい。



【10基セットは10%もお得で、さらに専用ケースが付属します!】
★空中設置式ライトトラップ セット(本体・紫外線LEDライト4灯)【10基入1ケース, 専用ケース付】:35,820円 ※一時品切中
設置時の大きさ:高さ680mm(S字フック込で840mm)x幅380mmx奥行440mm
重量:180g(乾電池重量は含みません)
LEDライトの使用電池:単4×3本(約48時間連続点灯可能)※本商品に電池は付属しません。
セット内容:S字フックx10、紫外線LEDライトx10、チャック付きポリ袋x10、大型クリップx10、衝突板(鉄線2本含む)x10、漏斗x10、コップx10、専用ケースx1


専用ケースに10基を入れた状態です。B4サイズ+コップなので、とてもコンパクトです。


★空中設置式ライトトラップ セット(本体・紫外線LEDライト4灯) 【単体】:3,980円 ※一時品切中
セット内容:S字フックx1、紫外線LEDライトx1、チャック付きポリ袋x1、大型クリップx1、衝突板(鉄線2本含む)x1、漏斗x1、コップx1

★空中設置式ライトトラップ用 ライトのみ(紫外線LEDライト4灯):3,480円 ※一時品切中
内容:紫外線LEDライトx1

★空中設置式ライトトラップ 本体のみ(ライトは付属しません):980円 ※一時品切中
セット内容:S字フックx1、チャック付きポリ袋x1、大型クリップx1、衝突板(鉄線2本含む)x1、漏斗x1、コップx1

○空中設置式ライトトラップ本体の組み立て・設置方法
1. 扇型の漏斗部を開き、銀色の穴に衝突板のアーチ状の針金が無い辺の鉄線を通し漏斗を作ります。
2. 保存液*をコップに入れ、漏斗に入れます。この際、投げ入れたりするなどして衝撃を与えると、漏斗部を損傷するおそれがあるため、丁寧に設置します。
*保存液の例:5%酢酸+界面活性剤。生きた状態で採集する場合には、コップの代わりに脱出防止の返しがついたペットボトルを針金やガムテープを用いて取り付け、
ボトル内部に枯れ葉などのクッション材を入れると良いです。脱出防止の返しがついたペットボトルは、ペットボトルの上部のすりばち状の部分を切り取り逆さに取り付けることで作成できます。
3. 衝突板上部の緑の針金で出来た輪にS 字フックや紐などを通し、任意の場所(樹木の突き出た枝など)に設置します。
4. チャック式ビニール袋に紫外線LED ライトを入れ、クリップを用いて袋ごとS 字フックまたは本体に引っ掛けます。

○紫外線LED ライトについて
電池交換:底面の黒い板をスライドさせて持ち上げると電池ケースが現れます。その電池ケースに単4電池を3 本入れて使用します。本商品に電池は付属しません。
スイッチ:透明な窓の「PUSH」と書かれた部分をカチッと音がするまで押します。押すごとに消灯・点灯が切り替わります。

昆虫は、人に見えない短い波長の「紫外線」に最も高い視覚感度を示します。一般的な白色LEDライトから発される光には紫外線の波長が少ないので、誘引されない虫もいますが、
紫外線LEDならばこの波長を大きく発することが出来ます。紫外線LEDでのライトフィットの既製品はございません。


紫外線LED点灯時

○採集のコツ
本製品は、使い方によっては大きな採集成果をもたらしたり、選択的に目的の虫を採集することも可能です。
詳しくは弊社出版物の「HIGH VOLTAGE 日本産クワガタムシ界の精鋭達が贈る待望の採集短編集」に収録の「ボックスライトトラップの手法」をご一読下さい。
HIGH VOLTAGE 日本産クワガタムシ界の精鋭達が贈る待望の採集短編集」のページ
http://kawamo.co.jp/roppon-ashi/sub509.html




神奈川昆虫談話会連絡誌 「花蝶風月 No.162」内、
「秦野市八国見山の甲虫」ではライトを使わない「FIT」の使い方や採集結果を示しています。
花蝶風月 No.162」のページ
http://kawamo.co.jp/roppon-ashi/sub160.htm#fit




本商品は、少しの工夫を加えることで、違った採集方法もできます。
ライトの代わりに各種フェロモンを設置することでフェロモントラップとして、ライトを取り外すことで日中用の衝突板トラップとしてもご使用頂けます。
他にも、アイディア次第で様々な使い方が可能です。


【その他ご使用上の注意点について】
・ご使用に際して、本製品は設置型かつ殺傷型のトラップのため、使用者のマナーが特に求められます。
 「採集地では設置したトラップは必ず回収すること」や、「設置日・回収予定日・緊急連絡先などをトラップに油性マジックペンで書くこと」を心がけて下さい。
・採集が禁止された地域での採集は行わないでください。
・節度ある採集を心がけて下さい。
・本製品付属の針金は先端がとがっておりますので、けがをしないよう取扱いにはご注意下さい。


【保証について】
・本製品付属のライトは初期不良のみ交換にて対応とさせて頂きます。




○以下の写真は、製作者がマレーシアで本商品を使用して採集した時の様子です(実際の商品とは若干異なる場合がございます)。