クワガタムシ・カブトムシ関連書籍





────────────────────────────────────────

NEW
東京のクワガタムシ
東京周辺で観察できるクワガタムシを完全網羅 全21種29亜種

Johnny,s., 2018.
A5, 16pp., 300円(税込)
東京に生息するクワガタムシ全21種29亜種がブナ帯エリア(標高1,000m以上)、本州エリア、伊豆諸島エリア、小笠原
諸島エリアに分けて生態写真・標本写真とともに簡潔に紹介されています。巻頭・巻末にクワガタムシの生態、観察と
採集方法、飼育とブリード方法についての簡単な解説付き。



────────────────────────────────────────

世界のカブトムシ【上】南北アメリカ大陸編(月刊むし・昆虫図説シリーズ6)
清水輝彦, 2015
A4, 上製本, 124pp.(64カラープレート) 7,800円(
送料サービス

詳しくはこちら



────────────────────────────────────────

フィールドガイド 日本のクワガタムシ・カブトムシ観察図鑑
日本に棲息する種類と見分け方、観察のポイントがわかる
吉田賢治, 2015
205x122mm, 224pp. 2,000円
日本に生息するクワガタムシ、カブトムシは研究が進み、その数は現在では亜種も含めると100以上にのぼるとされています。
本書は、日本のクワガタムシ、カブトムシを美しい生態写真および標本写真でまとめた一冊です。
クワガタムシについては全国各地に広がる亜種、島嶼などに分布する種も掲載。また、フィールドでの形態、生態(フィールドでの
見つけ方を含む)、識別点、採集難易度、採集方法、分布(マップ)、飼育難易度などが表示され、採集から飼育まで様々な角度
から紹介されています。
ルリクワガタ属の分類については、ルリクワガタ、ウンゼンルリクワガタ、ホソツヤルリクワガタ、コルリクワガタ、トウカイコルリクワ
ガタ、キンキコルリクワガタ、ミナミコルリクワガタ、ニセコルリクワガタ、タカネルリクワガタが図示されており、新たな分類[コルリク
ワガタ:Kubota et al.(2008)・ニセコルリクワガタ:Imura(2007)]についても3ページに渡って解説がなされています(白地図で示した
分類図付き)。子どもから大人まで満足できるクワガタ・カブトムシ本の決定版です。



────────────────────────────────────────

日本のマルバネクワガタ(月刊むし・昆虫図説シリーズ4)※弊社・発行元ともに完売

定木良介・林辰彦・土屋利行, 2014
A4,136pp.(カラープレート48pp.) 7,800円

詳しくはこちら



────────────────────────────────────────

世界のクワガタムシ ポケット図鑑
藤田宏, 2014
A5, 32pp 500円(税込)
世界のクワガタ175種を標本写真(原寸大写真も含む)とともに紹介。
分類ごとに簡易的な解説と学名、体長、分布が掲載されています。
コロフォンなど奇珍なクワガタも掲載されており、世界のクワガタを概観するのに良い一冊です。






────────────────────────────────────────

ザ・クワガタムシ&カブトムシ(アクアリウム・シリーズ) 
山岸欽也, :2001
A5 127pp  3,200円



────────────────────────────────────────

世界のクワガタムシ
今森光彦, 2001
18cm×21.5cm 231pp(ほぼフルカラー)ハードカバー :
3,800円

「スカラベ」「世界昆虫記」など優れた写真集で知られる著者であるが、本書はクワガタの
標本写真のみで構成された異色作。各種数行のコメントとともに70種の♂個体の拡大
標本写真が次々と続く「クワガタムシ美術館」、日本、マレー半島など生息地域別にほぼ
原寸大の標本写真が並ぶ「クワガタムシの宝箱」の2部構成。巻頭に4頁のエッセイ「森の
精霊を部屋に」あり。今森ファンも意外と見逃している一冊。



────────────────────────────────────────

世界のクワガタムシ
環境調査研究所, 2000
144頁(ほぼフルカラー) ソフトカバー 価格:
1,429円



────────────────────────────────────────