むし社 昆虫関連書籍

◆月刊むし
◆月刊むし・昆虫大図鑑シリーズ
◆月刊むし・ブックスシリーズ

月刊むし・昆虫図説シリーズ


-----------------------------------------------------------------------------

NEW
日本と世界のホシミスジ(月刊むし・昆虫図説シリーズ 10)
福田晴男・美ノ谷憲久, 2017
A4,上製本, 172pp.(うちカラープレート48pp.) 6,400円(送料サービス)
1998年までは1種とされてきたホシミスジが、著者らの長年にわたる野外調査・研究の成果や最新のDNA分析結果などによって8種に
分割され、日本産ホシミスジは日本固有の独立種となって、11亜種(5新亜種を含む)に整理されました。同じように見える種や亜種が、
実は長い年月をかけて別種や別亜種に分化していたのです。本書では日本・朝鮮半島・台湾・中国・極東口シアに分布するホシミスジ
のグループを48カラープレートで紹介し、多岐にわたる解説をしています。
プレートのパートでは、標本写真の他に、生息環境や生態写真も収録されています。斑紋の特徴、幼生期の形態の違い、食餌植物(シ
モツケ属植物)の特徴などが力ラーの写真で示されています。
解説のパートでは、世界のホシミスジの大整理、地生態から見たホシミスジ、国内地域別のホシミスジ、海外地域別のホシミスジ、ホシ
ミスジの自然史、などの項目に分けて詳細に解説されています。また、「ホシミスジ学」の面白さが紹介されているほか、教師として著者
らが実践してきた、昆虫好きな児童・生徒を育てる教育法も紹介されています。




-----------------------------------------------------------------------------

日本のセンチコガネとその仲間(月刊むし・昆虫図説シリーズ 9)
塚本珪一・稲垣政志・河原正和・森正人, 2017
A4,上製本, 116pp.(うちカラープレート48pp.) 6,400円(送料サービス)
センチコガネ、オオシマセンチコガネ、ムネアカセンチコガネ、キボシセンチコガネ、イシガキトビイロセンチコガネ、ア
マミトビイロセンチコガネ、アサヒナアカマダラセンチコガネ、オキナワアカマダラセンチコガネ、アカマダラセンチコガネの9種を扱
っています。謎の多いセンチコガネと珍品ぞろいのその仲間の魅力が、この1冊に集約されています。
37プレートの標本写真パートでは、レインボーセンチと呼ばれる美麗な九州のセンチコガネを6プレートにわたって紹介しているほか、
離島を含む日本各地のセンチコガネ、ムネアカセンチコガネ、南西諸島産の珍品ぞろいのセンチコガネ類などのほか、海外のセンチコ
ガネも掲載。
10プレートの生態写真パートでは、センチコガネの多様な食性、糞の運搬シーン、オオシマセンチコガネの生態、アカマダラセンチコ
ガネ・ムネアカセンチコガネのAM菌の搬入、アサヒナアカマダラセンチコガネ・キボシセンチコガネなどの貴重な生態シーンを多数の
写真で紹介。
解説パートでは、各種解説、センチコガネと人との関わり、採集、標本づくり、撮影、資料のほか、楽しくてためになる多数のコラム
が収録されています。



-----------------------------------------------------------------------------

日本の冬夜蛾(月刊むし・昆虫図説シリーズ 8)
小林秀紀 編, 小林秀紀・四方圭一郎・枝恵太郎, 2016
A4, 112pp.(うち47カラープレート)6,400円(送料サービス)
日本のキリガ103種を、807個体の選びぬかれた美しい標本を用いて47カラープレートに図示した図鑑です。
なお、タイトルは「冬夜蛾」と書いて『キリガ』というルビがふってあり、「日本のキリガ」と読みます。
生態写真ではキリガの74%にあたる76種をカバーしています。解説は、珍品度、分布、寄主植物、変異、採り方、
発生時期、近似種との識別点など、キリガの魅力を詳しく紹介しています。同定の難しい種類は、標本の拡大写真を用いて見分け方のポイントを解説しています。
珍品度を星印でレーティングしてあり、星3つ以上の珍品には、産地や採集日付などの詳しいデータも記述し、
星4つ以上の珍品には分布図も掲載。3人の著者たち(+外野2名)による肩の凝らない52編のコラムを掲載。
蝶屋もクワガタ屋も虜にする、キリガの秘密が満載です。



-----------------------------------------------------------------------------

飛騨のギフチョウ(月刊むし・昆虫図説シリーズ 7)
櫟原俊嗣, 2015
A4, 上製本, 112pp.(48カラープレート) 6,400円(
送料サービス
589頭の美しい標本を40カラープレートに図示。飛騨ギフの代名詞である“赤上がりギフチョウ”のコレクションプレートのほか、
特徴的な異常型も多数掲載。代表的な高層湿原産地などの景観もカラーで紹介。飛騨ギフの定義、分布から特異な生態、
変化に富む形態など、飛騨ギフの魅力を詳しく紹介。飛騨ギフにまつわる様々な切り口のエッセイ、コラム、探索記を多数掲載。
著名なギフチョウ名人2名による楽しい寄稿文も収録。産地間の関係性や飛騨ギフの分布様式が一見して理解できる詳細図付きです。



-----------------------------------------------------------------------------

世界のカブトムシ【上】南北アメリカ大陸編(月刊むし・昆虫図説シリーズ6)
清水輝彦, 2015
A4, 上製本, 124pp.(64カラープレート) 7,800円(
送料サービス
世界のカブトムシのうち、本書では南北アメリカ大陸に分布するヘラクレスオオカブト、ゾウカブト類、タテヅノカブト類、
サイカブト類、コガネカブト類、コカブト類、計279種を64カラープレートに図示。
発刊予定の「(下)アジア・アフリカ編」と合わせると世界で最も多くのカブトムシをカラーで紹介した本となる予定。




-----------------------------------------------------------------------------

世界の美麗ヒトリガ(月刊むし・昆虫図説シリーズ5)
岸田泰則, 2015
A4, 上製本, 111pp.(47カラープレート) 6,400円(
送料サービス
世界の美麗なヒトリガ亜科265種1092個体(7頭のホロタイプ、49頭のパラタイプを含む)を47カラープレートに図示。
3新亜種の記載とともに、学名、分布、成虫出現期などが記述されている。
著者のコラム「岸田のひとりごと」はヒトリガのことのみでなく、日本や世界の蛾界の歴史や動向が伺えます。
珍品度を★の数で表示されたことにより、コレクション熱が高まること必至。買って良かったと思える美しい図説です。




-----------------------------------------------------------------------------

日本のマルバネクワガタ(月刊むし・昆虫図説シリーズ4)
定木良介・林辰彦・土屋利行, 2014
A4,136pp.(カラープレート48pp.) 7,800円(
送料サービス
日本のマルバネクワガタのすべてが収録されている。全ギネス個体が掲載されるほか、特大個体から特小個体まで、
多くの個体を様々な角度から図示され、島ごとの特徴の解説もある。
生態写真はもちろん、生息地の風景やそこに息づく代表的な野生生物も掲載されるほか、著者3人の座談会、累代飼育法
の奥義、採集記15話を含む。



-----------------------------------------------------------------------------

日本のオオセンチコガネ(月刊むし・昆虫図説シリーズ3)
塚本珪一・稲垣政志・河原正和・森正人, 2014
A4,上製本, 112pp.(カラー48pp.) 6,400円(
送料サービス
本書は日本のオオセンチコガネの様々な個体変異を収録しています。
カラープレートでは、オオセンチコガネの記録がある全44都道府県の標本を採集場所とともに掲載しています。
他にも「特別色彩変異と大小ギネス」「海外のオオセンチコガネ」「アジアのセンチコガネ類」などをプレートで紹介。
テキスト部では県ごとの珍品度や、分布、研究史、分類、生態、採集法などが解説されています。
巻末には全国の標本データ集も収録されており、オオセンチコガネの魅力が詰まった一冊です。



-----------------------------------------------------------------------------

日本のネクイハムシ(月刊むし・昆虫図説シリーズ2)
林 成多 2012年9月発行,
A4,上製本, 96pp.(カラー48pp.) 6,400円(
送料サービス
日本のネクイハムシ全種(23種)を掲載。カラープレートには,全個体に和名と標本の産地を,全種に学名,珍品度を表示。世界の主なネクイハムシも掲載。
代表的な生息環境とそこでみられる種を,環境写真,生態写真で紹介。種の解説には,分布,特徴,生息環境,発生時期,食草などを記述。
日本産23種には,全種に分布図を付し,都道府県別,島嶼別の種類数の一覧表が掲載されている。
・カラープレートには,全個体に和名と標本の産地を,全種に学名,珍品度を表示。
・世界の主なネクイハムシも掲載。
・代表的な生息環境とそこでみられる種を,環境写真,生態写真で紹介。
・種の解説には,分布,特徴,生息環境,発生時期,食草などを記述。
・日本産23種には,全種に分布図を付し,都道府県別,島嶼別の種類数の一覧表を掲載



-----------------------------------------------------------------------------

世界のカトカラ(月刊むし・昆虫図説シリーズ 1)
石塚勝己 2011年9月発行,
A4, 上製本, 108pp(47カラープレート). 6,400円(
送料サービス
後翅の美しい世界のカトカラ属(Catocala属)約280種のうち,約90%にあたる240種を図示・解説。日本産カトカラ31種は分布図、珍品度、食樹などの解説付き(都道府県別種類数の一覧表も掲載)。
「シタバ屋」を自称する著者の古今東西のカトカラに関する囲み記事が楽しい。
この図説があれば、世界のカトカラが一冊で概観できます。
・世界のカトカラ(Catocala)約280種のうち,約90%にあたる240種を,日本・旧大陸・新大陸の3ブロックにわけて図示・解説。
・カラープレートには,全個体に和名と標本の産地を,全種に学名,珍品度を表示。
・種の解説には,形態的特徴,分布,成虫出現期,食樹などを記述。
・日本産の31種は,全種に分布地図を付したので,日本列島における分布が一目瞭然。また,都道府県別種類数の一覧表を掲載。