昆虫写真集兼図鑑 関連書籍





-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NEW
昆虫のすごい世界(別冊太陽 日本のこころ262)

丸山宗利 監修, 2018.
A4変型, 160pp., フルカラー. 2,400円
昆虫はふしぎ、たのしい、美しい。歩く宝石のような甲虫から、色鮮やかなチョウ、子どもの友達・トンボ、夏の風物詩・セミ、社会性昆虫の代表・アリ、驚異の跳躍を見せるバッタなど。
地球でもっとも繁栄を極めた生物である昆虫のおどろくべき生態、高度な技術、美しい姿を一挙紹介。
現在、第一線で活躍する昆虫学者・写真家が集まって、「じっくりと」「すみずみまで」昆虫の美しさ、楽しさを堪能できる一冊となっています。







【執筆者】
丸山宗利(昆虫学者・九州大学総合研究博物館准教授)
尾園 暁(昆虫写真家)
工藤誠也(昆虫写真家・研究者)
小松 貴(昆虫学者・好蟻性生物写真家)
島田 拓(Ant Room代表)
鈴木知之(昆虫写真家)
永幡嘉之(自然写真家)
安田 守(自然写真家)

【構成】
◎日本の美しい昆虫図鑑
甲虫/チョウ・ガ/トンボ/セミ/アリ/バッタ
◎もっと知りたい! 昆虫のディープな世界
擬態/絶滅危惧種/飛翔する昆虫を撮る/表面彫刻/
にぎやかで楽しいアリの社会/減少するブナ林に生息する、世界の昆虫を求めて
◎さまざまな道具
鎌(前脚)/シャベル(前脚)/バネ(後脚)/鋏(大顎)/ストロー(口吻)/マジックハンド(口吻)/センサー(触角)
◎生命のステージ
卵/いもむし/蛹/羽化
◎小さくて ヘンテコな昆虫たち

◆コラム 虫愛づる人たち
・満田晴穂(自在置物作家)
・つのだゆき(硝子昆虫作家)
・メレ山メレ子(エッセイスト・昆虫大学学長)
・分島徹人(漆工芸作家)
・いわたまいこ(切り絵作家)
・知久寿焼(ミュージシャン)
・じゅえき太郎(昆虫絵師)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

世界でいちばん素敵な昆虫の教室
須田研司(むさしの自然史研究会) 監修, 森山晋平 文, 2017.
A5判, 160pp.(フルカラー) 1,400円
「美しい昆虫が輝いて見えるのはなぜ?」「世界でいちばん小さな昆虫は?」「ホタルはどうやって光るの?」など、
昆虫に関するさまざまな疑問に、キレイな写真を添えてシンプルかつわかりやすく答えたビジュアルブックです。
約200種を掲載した写真がメインの内容で写真集として、夏休みの自由研究の参考書としても楽しめます。


 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

原色図鑑 世界の美しすぎる昆虫
丸山宗利, 2017
A5, 160pp.(フルカラー) 800円
世界各地にいるユニークで美しい昆虫の姿を「色」「模様」「擬態」などのテーマに分けて写真を見比べることで、
知られざる昆虫たちの生態もわかる内容になっています。
美麗な写真を採用した内容の割に、驚くほど低価格です。

 

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

昆虫のすごい瞬間図鑑  一度は見ておきたい!公園や雑木林で探せる命の躍動シーン
石井誠,2017
A5,224pp. 2,100円
近所の公園や雑木林、学校の中などに普通にいる昆虫たちが見せる
「すごい瞬間」ばかりを集めた、まったく新しいスタイルの昆虫図鑑です。
命が生まれる瞬間、大きく変身する瞬間、獲物に襲いかかる瞬間、擬態して隠れている瞬間、
雄雌が出会う瞬間など、身近に出会える昆虫の決定的瞬間をおさめた写真を見ていきながら、
ベテラン昆虫写真家の著者が、おもしろいシーンを観察するポイントを紹介していきます。
副題のとおり、「命の躍動シーン」の数々を楽しめる図鑑になっています。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

だから昆虫は面白い くらべて際立つ多様性
丸山宗利,2016
A5, 128pp.(フルカラー)1,500円
昆虫の魅力「多様性」を体感する一番の方法は「くらべること」であるという著者が、珍虫を厳選し分類群ごと
に掲載。美しい標本写真や生態写真が満載で、楽しく見比べられます。
翅がなく飛べないキリギリス、目玉模様のすごいヤママユ、珍種のクワガタ、彫刻のような糞虫、洞窟に住む
眼のない甲虫、様々な形態のアリ、世界のツノゼミ、 世界のヒゲブトオサムシ、特殊な防御形態をとるマンマ
ルコガネ、美しい翅を持つ世界のセミ・ヨコバイ・ビワハゴロモなど、アッと驚く奇怪な形態を持つ昆虫た ちが
紹介されています。
また若手研究者たちの新種発見にまつわるコラムからも「多様性」の奥深さを知ることができます。
「昆虫はすごい」の著者による、まさに多様性を体感する一冊です。





--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

きらめく甲虫 - BRILLIANT BEETLES
丸山 宗利, 2015
152 x 210mm, 80pp., フルカラー, 1,300円
「こんな色合い見たことない!想像を超えた、生きる宝石200」
タイトルのとおり、光り輝く甲虫のうちコガネムシ科33種、クワガタムシ科6種、オサムシ科40種、タマムシ科28種、コメツキムシ科9種、
ゾウムシ科46種、カミキリムシ科18種、ハムシ科17種が、拡大された深度合成写真によって見事に表現されています。
本の中から今にも動きだして、手で掴み取れそうな錯覚に囚われる程の繊細で美しい甲虫の写真とともに、
手書きフォントによる著者のコメントや、日本古来の紋様と対比させて掲載されるカタゾウムシなど、捻りのある構成は昆虫の専門家はもとより、
美術装飾の専門家も手元においておきたくなるような一冊です。価格以上のお買い得感のある良書として、お勧めします



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ツノゼミ -ありえない虫-
 
丸山宗利, 2011.
A5, 80pp. オールカラー 1,300円
ユニークな形で有名な世界のツノゼミを深度合成写真撮影で拡大表現。とんがって、ふくらんで、透き通って、
三日月形、奇想天外な姿を克明に再現。世界中の奇っ怪な138種がオールカラーで楽しめる。



目次
New World(北米・中南米)(ツノゼミの世界へ、重厚な体、多様性のるつぼ ほか)
Old World(アジア・アフリカ・オーストラリア)(熱帯の陽射しにきらめいて、マーブル模様の迷彩服、とんがった奴ら ほか)
Japan(日本)(そんじょそこらにもいる昆虫?ツノゼミの見つけ方)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------