日本蝶類研究所 「Neo Zephyrus ネオゼフィルス」
この現代、自然を荒廃させたにも関わらず自然保護を標傍するというよじれた時代である。昆虫採集の歓びを味わう者の絶対数が減り、
蝶をどこでも自由に採ることができない時流の中、種によっては所有する標本の移動ですら制せられる時代である。であるがゆえに新し
い雑誌は「未知と暗浩の海」に船出したことを意味するかもしれない。しかしながら標本の重要性に軸足を置く日本蝶界の専門誌として、
このNeo Zephyrusが文字通り新たな風となることを願ってやまない。(本誌発刊のことばより)








--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NEW 
No.1(2017年5月発行)
A4,88pp, 2,000 円(税込)
収録記事・報文
●特別座談会「巨大クヌギ老木」:藤岡知夫、奥本大三郎、築山洋、矢後勝也(16P)
●室谷洋司:青森県におけるクロアゲハ、キタキチョウとヤマトシジミ(2010-2016年)(20P)
●築山洋:「日本産蝶類及び世界近縁種大図鑑I」 の訂正と新知見追加(14P)
●阿部東・櫛引陸奥男:ミャンマー産 ミドリシジミ族(Theclini)10 種の染色体調査(6P)
●藤岡知夫:東日本のヒョウモンモドキ(4P)
●矢後勝也:日本産ヒョウモンモドキにおける北限更新の記録 (4P)
●淀江賢一郎:大陸方面から山陰地方に飛来する迷入種(予報)(5P)
●中谷貴毒:深山ヒメシジミ (5P)
●北川朝生:ハマヤマトシジミに惹かれて(6P)
●阿部祐侍:アイノミドリシジミは霧島山系に生息するのか(4P)
●神田正五:北海道苫小牧市産ミドリシ ジミの異常型など(3P)



--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




ページTOPへ