The Genus Morpho (Lepidoptera: Nymphalidae)  全3巻
by Patrick Blandin



The Genus Morpho Part 3.Subgenera Pessonia, Grasseia, Balachowskyna and Morpho & Addenda to Part 1 and 2
Blandin, P., 2007,
25X33cm, 139pp. 33,000円 
亜属Pessonia, Grasseia, Balachowskyna, Morphoの解説およびPart 1 & 2の追補。
ソフトカバー、テキスト:英語


Part2の出版から14年、Part1から19年、ようやく「The Genus Morpho Part3」が出版されました。本書ではシロモルフォ亜属、メネラウス亜属、モルフォ亜属について解説されています。
これらはモルフォチョウの中でも最も難解なグループで、全世界のモルフォチョウ愛好家から出版が待ち望まれていたものでした。
解説は各亜属毎になされ、まず亜属の定義付け、概観を一通り解説した後に各種・各亜種の解説となり、分布、形態、性差、地理的変異、生態、出現期などに項目分けされ、大変細かく丁寧に
解説されています。Part1,2とは構成が異なり、解説の近くに標本写真が配置されているのも分かりやすくて便利です。
また前半部分はPart1,2の追加として実に136ページが費やされており、かなり多くの名称変更や新亜種記載などが含まれています。

Part1,2をお持ちの方には本書は必携と思われますし、Part1,2をお持ちでない方も、まずはこのPart3と「The Systematics of the Genus Morpho」があれば
モルフォチョウ全体を見渡すことができます。本シリーズはモルフォチョウの研究、蒐集になくてはならない最重要文献であると思います。




 

pages 99-237 - 445 photos in colours. Addenda to Parts 1 and 2 & The subgenera Pessonia, Grasseia, Balachowskyna and Morpho. This is the last part of this great work



------------------------

The Systematics of the Genus Morpho※弊社・発行元ともに完売
Blandin, P., 2007,

A4, 277pp. 17,000円 

「Part3」と同時出版された「The Systematics of the Genus Morpho」はPart1〜3の「最新版解説編」といった趣きの本。標本写真はありませんが、モルフォ属全種のより詳しい解説と
分布地図が掲載されています。特に皆が疑問に感じているメネラウス周辺(menelaus,terrestris,melacheilus)や、ヘレノール周辺(helenor, peleides, peleus)については詳細に解説
されており、著者渾身の力作です。

47 tables - 16 distribution maps (A4 size). Soft covers.
This is the whole systematic work, the only complete revision of the genus since the work of le Moult & Real published 45 years ago




------------------------

The Genus Morpho Part 2, Subgenera Iphixibia, Cytheritis, Balachowskyna and Cypritis
Blandin, P., 1993,
25X33cm, 55pp.+16 color plates, 14,000円 
亜属Iphixibia, Cytheritis, Balachowskyna, Cypritisを解説
ソフトカバー、テキスト:英語




------------------------

The Genus Morpho Part 1, Subgenera Iphimedreia and Schwartzia
Blandin, P., 1988,
25X33cm, 42pp.+20 color plates, 12,000円 
亜属Iphimedeia, Schwartziaを解説。
ソフトカバー、テキスト:英語




------------------------