双翅目談話会会誌 「はなあぶ」

最近人気のハナアブほか、ハエ、カなど双翅目全般を扱う会誌です。なお発行元完売・弊社在庫僅少の号もございますので売切の際はご容赦下さい。
また、No.1-5、8、9、10、13、15-1、15-2、16、20は発行元完売につきお取り寄せできません。



 



No.44 (2017年11月発行)
B5, 122pp. 1,500円(税込・送料別)
倉橋弘・相良一輝・黄悠然:台湾産ツマグロキンバエの新記録(双翅目:クロバエ科) 1
春澤圭太郎・冨永修:ベトナム中部トゥア・ティエン・フエ省からの有弁翅類の記録 2
春澤圭太郎・冨永修:与那国島からの双翅類の記録 7
春澤圭太郎:中央ヨーロッパのイエバエ科 -有弁翅類の科,イエバエ科の亜科と族,およびイエバエ科の属への検索- 9
大宮正也:ヒメチビクロバエを愛知県で採集 20
熊沢辰徳:博物ふぇすてぃばる!4 出展報告 22
大石久志:ナミクチキバエモドキの採集記録 24
大石久志:京都における力エルキンバエの採集記録 25
竹内正人:力ラカネナガハナアブの雄はヒルトップに来る! 27
竹内正人:ニッポンクロヒラタアブの本州中部での初記録 28
竹内正人・桂孝次郎:ヒサマツハラナガハナアブの第2の記録について 29
市毛勝義:茨城県産ミギワバエ科目録(双翅目) 31
市毛勝義:日本産Spheginaハナダカチビハナアブ属について 34
市毛勝義:Cephalops annulipesの学名について(双翅目:アタマアブ科) 96
市毛勝義:日本産Temnostoma bombylans-groupについて 99
市毛勝義・坂田裕介:京都で見つかったチャイロハチモドキハナアブ(和名新称) 109
伊東憲正・吉岡明良・深澤圭太・熊田那央・三島啓雄・玉置雅紀:福島県の被災地における興味深いミズアブ科,ハナアブ科およびムシヒキアブ科の記録について 112
伊東憲正:<双超目関連文献の紹介> 115
第63回調査会の報告「里山の双翅目を調べよう!!」(笹井剛博) 116
第64回宮城県の調査会の報告 伊豆沼調査会と荒雄岳山麓の調査(伊東憲正) 117
第65回調査会「和佐又山のハエ相調査」の報告(春澤圭太郎) 119
「双翅目談話会」第22回総会報告(笹井剛博) 121
◆◆◆(第23回)双翅目談話会総会の予告◆◆◆ 122


No.43 (2017年4月発行)
B5, 92pp. 1,500円(税込・送料別)
伊東憲正・吉岡明良・深澤圭太・熊田那央・三島啓雄・玉置雅紀:福島県の被災地における興味深いハナアブ科とムシヒキアブ科の記録について 1
中山恒友:ムラサキクチブトイシアブOrthogonis nitididorsalisを栃木県で確認 3
田悟敏弘:関東で採集した黒いハナアブの記録 4
田悟敏弘:埼玉県における初記録種などの報告 −4− 7
米津晃:四国以外の地域におけるイシヅチアブの分布記録について(双翅目,アブ科) 13
米津晃:書家 杉本昭夫氏他界 24
大石久志・篠木善重:三重県におけるヤマトヒメナガヒラタハナアブの再発見 25
大宮正也:1月に採集したニクバエの幼虫2種 27
桂孝次郎:高層ビル( あべのハルカス)16階で得られたキノシタニクバエ 29
市毛勝義:日本産Pyrgotidaeデガシラバエ科の追加記録 30
市毛勝義:Epistrophe sp. ミチノクオビヒラタアブ(ハナアブ科)について 34
市毛勝義:Trichopsomyia biglumis フタホシヒゲコヒラタハナアブを茨城県で採集 35
市毛勝義:Megaphthalmoides japonicus セスジフンバエ(和名新称)の記録 38
市毛勝義:Ferdinandea ruficornisツノアカフタモンハナアブ(和名新称)を茨城と香川で採集 39
市毛勝義:茨城県産ヒメイエバエ科目録(双翅目) 42
飯嶋一浩:神奈川県秦野市におけるシコクモモブトホソハナアブの記録 43
倉橋弘・柿沼進・黄悠然:ハチノスヤドリニクバエ台湾から記録(双翅目:ニクバエ科) 45
飯島一雄氏を悼む(春澤圭太郎) 46
篠木善重:三重県で採集されたハマダラヒロバセダカバエ(セダカバエ科) 47
細田昭博:浜松市のミギワバエ類 49
春澤圭太郎・別府隆守:Stichopogon gracilifemur モモボソヒラズムシヒキとS. infuscatus ハマベコムシヒキの本州・紀伊半島と四国・九州からの新記録 53
春澤圭太郎:台湾からの有弁翅類の記録(2) 59
笹井剛博:Metopia argyrocephala (Meigen, 1824)ギンガクヤドリニクバエ(双翅目: ニクバエ科)の産卵行動 65
笹井剛博:東京都青梅市におけるDexophollenia flava (Aldrich, 1930)ショウジョウクロバエ (双翅目: クロバエ科)の記録 66
竹内正人・笹井剛博:東京都奥多摩町日原周辺の双翅類―第3報― 67
「双翅目談話会」第12回 巻頭同定会・勉強会報告 89
(第21回) 同定会・勉強会(第13回 関東同定会)の予告 91
調査回のご案内 92


No.42 (2016年11月発行)
B5, 64pp. 1,500円(税込・送料別)
小菅皇夫:神奈川県において採集されたForcipomyia distapalpis Liu et Yu セスジケブカヌカカ(和名新称)(双翅目: ヌカカ科) 1
市毛勝義:日本産ヒロクチバエ科への追加種について 5
市毛勝義:茨城県産Callicera aeneaツノヒゲハナアブの追加記録 8
市毛勝義:栃木県奥鬼怒からのBrachyopa ハナブトハナアブ属3種の記録 12
市毛勝義:茨城県でPrimocerioides petri ケブカハチモドキハナアブを採集 16
市毛勝義:日本産Chrysogaster タマヒラタアブ属について(ハナアブ科) 17
市毛勝義:素木得一記載のハナアブ科の検討 第2回 26
柿沼進・倉橋弘:Lispe flavicornis Steinミヤコカトリバエ(新称)(双翅目:イエバエ科)の宮古島と台湾からの記録 33
源河正明:東京都奥多摩町におけるマツムラナガハナアブの記録 34
倉橋弘・大宮正也:日本産ニクバエ科の雄外部生殖器, 5.ニセカスミニクバエ(新称,日本初記録)(双翅目:ニクバエ科) 35
大宮正也:シノナガニクバエを岐阜県で採集 39
大宮正也:カヤニクバエを滋賀県で採集 40
市毛勝義:栃木県日光でキンランルリミズアブとケブカルリミズアブ(仮称)を採集 42
平岩将良・丑丸敦史:ハナアブ類の海浜植物への訪花 -伊豆諸島と本州の比較 43
相良一輝:奄美大島初記録のミズギワイエバエ属(ハエ目:イエバエ科)2種 47
竹内正人・渡辺康生:新発見のケカオクロハナアブの♀ 48
桂孝次郎・土井仲治郎:奈良県で見つかったオオナガハナアブ 50
桂孝次郎:町中で見つかった変なマダラバエ 51
笹井剛博:千葉県じゅん菜池緑地におけるコブアリノスアブの記録 52
細田昭博:静岡県のニセミギワバエ類 53
竹内正人:第62回調査会の報告「Type localityでオオナガハナアブを探そう!!」 62
市毛勝義:「双趨目談話会」第21回総会の報告 63
第22回 双超目談話会総会の予告 64
市毛勝義:はなあぶ41号の訂正 11
大石久志:高桑正敏君易賓さる 38
大石久志:書評 熊津辰徳編『趣味からはじめる昆虫学』 39


No.41 (2016年3月発行)
B5, 146pp. 1,500円(税込・送料別)
倉橋弘・林田直哉:日本産ニクバエ科の雄外部生殖器, アミカキノシタニクバエ(新称, 日本初記録)(双翅目:ニクバエ科) 1
倉橋弘:ニクバエの昆虫寄生例2例(双翅目:ニクバエ科) 4
倉橋弘:スネケブカヒメクロバエHydrotaea hirtitibia(Stein, 1920)を採集 5
柿沼進・倉橋弘:本邦新記録のSarcotachinella sinuata Meigen キタニクバエ(双翅目, ニクバ工科) 7
柿沼進・大石久志・倉橋弘:本邦新記壕のLispe chui オランピカトリバエ(双翅目, イエバエ科)と日本産カトリバエ属の雄の種までの検索表第2版 8
柿沼進・倉橋弘:本邦新記録のPectiniseta pectinata(Stein)クシヒゲハナレメイエバエ(双翅目, イエバエ科) 16
大宮正也:ヌマニクバエを岐阜県と滋賀県と愛知県で採集 18
大宮正也:ニホンクロニクバ工とサタニクバエを岐阜県で採集 20
笹井剛博:埼玉県におけるコプアリノスアブとヒサマツハチモドキハナアブの記録 22
倉橋弘・星野啓太・笹井剛博:離島のハエ相の記録7 対馬の有弁翅類 23
相良一輝・伊藤直哉・藤澤侑典:トカラ列島口之島のハエ類(クロバ工科, ニクバエ科)の記録 26
春澤圭太郎:べトナム南部ラムドン省周辺からの有弁翅類の記録 28
松村雄:栃木県那須塩原市のハナアブ科採集記録U(2009〜2014) 33
金杉隆雄・伏島済:群馬県榛名山におけるオオコシボソハナアブの記録 42
竹内正人:ケカオクロハナアブの第2の記録について 43
竹内正人:東日本におけるコシアキツマグロキンバ工の新産地 45
竹内正人:群馬県でヒロオビホシヒラタアブを採集 46
竹内正人・春澤圭太郎・笹井剛博・山中康如:北アルプス大滝山周辺の双翅類一第2報− 47
篠木善重:樹液に集まる双翅目5種の記録 70
篠木善重:メスアカケバエの群飛を観察 72
飯嶋一浩:シロスジナガハナアブの産卵行動の観察 74
細田昭博:夜間ライトに飛来したミギワバエ類 78
市毛勝義:日本産Chalcosyrphusクロハラナガハナアブ属について 81
市毛勝義:素木得一記載のハナアブ科の検討第1回Xylota ハラナガハナアブ属 124
池崎善博:双翅目談話会創立20周年を祝す 127
大原賢二:ハナアブの幼生期いろいろ 128
大石久志:20年を振り返って 136
「双親日談話会」第19回同定会・勉強会(第11回関東同定会)の報告 144
(第20回)同定会・勉強会(第12回関東同定会)の予告  145
調査会のご案内 146


No.40 (2015年11月発行)
B5, 54pp. 1,500円(税込・送料別)
相良 一輝・金子 直樹:トカラ列島中之島のハエ類(イエバエ科,クロバエ科)の記録 1
大宮 正也:タイワンニセコクロバエTricycleopsisparadoxaVilleneuve,1927の採餌行動について 2
中山 恒友・前原 論:栃木県におけるヤマモトオオカバエOlbiogasteryamamotoiの記録(カバエ科) 6
山内 健生・渡辺 護:石川県白山市尾添においてライトトラップで採集されたアプ科 7
小菅 皇夫:神奈川県において採集されたForcipomyia astyla Tokunagaミスミケブカヌカカ(和名新称)(ヌカカ科) 9
田悟 敏弘:埼玉県における初記録種などの報告 11
柿沼 進:山口県で採集したミギワバエ類の記録(1) 17
倉橋 弘・柿沼 進・林田 直哉:日本産二クバエ科の雄外部生殖器, 3.エゾニクバエ属(双翅目:ニクバエ科) 19
柿沼 進・大石 久志,倉橋 弘:本邦新記録のニセトウヨウカトリバエLispe assimilis Wiedemann(新称)と日本産カトリバエ属の雄の種までの検索表 21
河合 正人・大石 久志:地衣類を食べていたハキナガミズアプの幼虫 30
熊澤 辰徳・大石 久志:豊田市(愛知県)の双翅目(第5報):アシナガバエ科 33
市毛 勝義:日本産シママメヒラタアブ亜属について 37
市毛 勝義:Blera japonicaヨコモンハナアブとCriorhina spp.モモブトハナアブ属2種の交尾姿勢について 44
桂孝 次郎・笹井 剛博:静岡県安倍峠で得られたミナミヒメヨコジマナガハナアブ 46
弘岡 拓人:奈良県釈迦ヶ岳におけるチャイロモモブトナガハナアブ Gen.sp.(Milesiini)の記録 47
市毛 勝義:クロアシハラナガハナアブChalcosyrphus nigricansを栃木県で採集 48
市毛 勝義:キムネハラボソツリアプを九州で採集 49
奥野 晴三;第54回調査会の報告「紀伊半島山岳部でのハエ・アブ相調査1.」49
春沢 圭太郎;第55回調査会の報告「紀伊半島山岳部でのハエ・アブ相調査2.」 51
笹井 剛博:第56回調査会の報告『狭山丘陵双翅目調査会」 52
市毛 勝義:「双翅目談話会」第21回総会の報告 53
(第22回)双翅目談話会総会の予告 54


No.39 (2015年3月発行)
B5, 138pp. 1,500円(税込・送料別)
倉橋弘・柿沼進:離島のハエ相の記録6 1
柿沼進・伊藤憲正・倉橋弘:ハマナコカトリバエ―新記録と種の再検討― 3
倉橋弘・柿沼進・春沢圭太郎:
 日本産ニクバエ科の雄外部生殖器,2.ヌマニクバエ(双翅目:ニクバエ科) 6
中山恒友・前原諭:栃木県におけるGlutops sp.の記録(タマユラアブ科) 9
中山恒友・前原諭:栃木県内で採集された双翅目昆虫の分布記録 そのV 11
中山恒友:栃木県内におけるツリアブ科・メバエ科・ヒロクチバエ科の分布記録 15
根来尚:富山県立高山域でのハナアブ類の訪花記録 23
根来尚:富山県のハナアブ類 26
大宮正也:岐阜県から記録されたヒグラシヤチニクバエ 39
大宮正也:岐阜県で5月から11月にかけて採集されたヒメシカシラミバエ 42
大宮正也:コシアキツマグロギンバエの岐阜県からの記録 48
小菅皇夫:神奈川県において採集されたDasyhelea bambusaoris Yu,2005
 タケヅツツヤヌカカ(新称)(双翅目:ヌカカ科) 51
相良一輝・駒形森:トカラ列島(諏訪之瀬島,平島)のハエ類の記録 53
桂孝次郎:シママメヒラタアブParagus fasciatus Coquillett,1898の一生態的知見 56
桂孝次郎:ヨツモンハナブトハナアブの産卵と思われる行動の記録 57
桂孝次郎:タカサゴハラブトハナアブMallota takasagensisの一生態的知見 58
吉田浩史:琵琶湖・淀川水系の河川周辺における双翅目の記録 64
吉田浩史:兵庫県の双翅目8.ケバエ科・トゲナシケバエ科 77
吉田浩史:兵庫県の双翅目9.ヤドリバエ科 85
春沢圭太郎:本州からのケヅメトゲアシメマトイの新記録とメスの記載(イエバエ科) 97
貞廣邦夫:鹿児島県屋久島におけるMicrodon sp.ハラアカアリノスアブの採集記録 99
山中康如:関東周辺におけるヒメヨコジマナガハナアブとそれに近縁な2種の分布記録
 ―ヒメヨコジマとミナミヒメヨコジマの同所的な分布に関する考察― 101
飯嶋一浩:東京都と神奈川県のOdontomyia属(ミズアブ科)の記録 103
篠木善重:ハナレメホソイエバエ三重県からの記録 104
田悟敏弘:関東地方にて採集したアシナガバエ科の記録―V− 105
「双翅目談話会」第18回同定会・勉強会(第10回 関東同定会)の報告 136
同定会&勉強会の予告 137
調査会のご案内 138


No.38(2014年11月発行)
B5, 70pp. 1,500円(税込・送料別)
倉橋 弘・柿沼 進:日本産ニクバエ科の雄外部生殖器, 1.キタハラニクバエ(双翅目:ニクバエ科) 1
倉橋 弘・春沢 圭太郎:日本産ニクバエ科の雌外部生殖器, 2.キタハラニクバエ(双翅目:ニクバエ科) 3
大宮 正也:タイワンニセコクロバエ Tricycleopsis paradoxa (Villeneuve, 1927) 愛知県と岐阜県に産す 6
大宮 正也・篠木 喜重:コシアキツマグロキンバエの三重県からの記録 12
篠木 喜重:ミツオビヒゲナガハナアブの三重県からの記録 14
篠木 喜重:ドウガネホシメハナアブの三重県からの記録 16
篠木 喜重:本州初記録のヤノキゴシガガンボ 18
竹内 正人:離島の双翅目の記録(2013年) 19
熊澤 辰徳:吉田 浩忠:兵庫県におけるアシナガバエ科の採集記録 25
中山 恒友:福島県内で採集された双翅目昆虫の分布記録そのI 31
中山 恒友:福島県内で採集された双翅目昆虫の分布記録その II 33
中山 恒友:千葉県におけるスギモトコモンハチモドキバエの記録 36
市毛 勝義:Protocallipbora maruyamensis マルヤマトリキンバエとTrypocalliphora braueri ヤドリトリキンバエを茨城県で採集 37
市毛 勝義:四国初記録のMelangyna pavlovskyi キタヨツモンホソヒラタアブとM. quadrimaculata ヨツモンホソヒラタアブ 38
市毛 勝義:Chamaesyrphus japonicus ヤマトヒメナガヒラタハナアブを愛媛県で採集 39
市毛 勝義:四国からクロバエ科3種の記録 42
市毛 勝義:茨城県Odontomyia属(ミズアブ科)について 44
加賀 玲子・加賀 芳恵:キバラナガハナアブを秋田県・乳頭温泉で採集 49
小菅 皇夫:神奈川県において採集されたForcipomyia fuliginosa (Meigen) モリヌカカ(双翅目:ヌカカ科) 50
田悟 敏弘・熊澤 辰徳:オオヒゲアシナガバエ属2種の学名の入れ替え(30-2号の訂正) 53
芳賀 馨:北海道根室半島で採集された双翅目1.ムシヒキアブ科・ハナアブ科 54
駒形 森・相良 一輝:トカラ列島(平島, 諏訪瀬島)におけるヤドリバエ科の記録 59
調査会・総会の報告
春沢 圭太郎:第50回調査会の報告「河口干潟のハエ相を調べよう」大阪府泉南市男里川河口 61
桂 孝次郎:第51回調査会の報告「和佐又山のハエ相調査」 62
笹井 剛博:第52回調査会の報告「葛西臨海公園・海浜公園双翅目調査」 66
市毛 勝義:「双翅目談話会」第19回総会の報告 69


No.37(2014年4月発行)
B5, 142pp. 1,500円(税込・送料別)
中山 恒友:栃木県内におけるカ科の分布記録 1-4
中山 恒友:山形県由良温泉でハマベニクバエを採集 5
中山 恒友:栃木県内で採集された双翅目昆虫の分布記録 そのT 6-16
渡辺 康生:神奈川県大磯丘陵の双翅目 17-24
伊東 憲正:ミツオビヒゲナガハナアブの狭山丘陵からの記録 25
桂 孝次郎:キジマクサアブとベッコウタマユラアブの採集記録 26
笹井 剛博:石灰岩壁,セメント壁に群がるハナアブ類 27
笹井 剛博:山梨県南都留郡富士河口湖町河口 清八林道におけるツヤナガハナアブ Hadromyia (Chrysosomidia) cimbiciformis の記録 28-29
笹井 剛博:北アルプス大滝山のカラカネナガハナアブ Pseudopocota stackelbergi (Violovitsh, 1957) の記録 30
杉本 武:八重山諸島のムシヒキアブモドキとツリアブモドキの記録 31
小菅 皇夫:神奈川県において採集された Atrichopogon insularis Kieffer キアシヒラタヌカカ(新称)(双翅目:ヌカカ科) 32-37
飯嶋 一浩:岩を舐めるヒラタアブ亜科 38
市毛 勝義:シロガネホソツリアブ Thevenetimyia sp. の雌を栃木県奥日光で採集 39
市毛 勝義:栃木県で採集したCriorhinaモモブトハナアブ属とBleraモンハナアブ属について 40
市毛 勝義:日本産Psilotaケコヒラタアブ属 の追加種 (Diptera, Syrphidae) 41-44
市毛 勝義:日本産ハナアブ科数種の学名の変更について 45-48
紺野 剛・中山 恒友:ツリアブ科ノート シバカワツリアブ栃木県での記録(関東地方初記録) 49-50
紺野 剛・M路 久徳・田悟 敏弘:ツリアブ科ノート ハクバツリアブ(和名新称)の記録 51-58
貞廣 邦夫:香川県三木町におけるGenus Microdon アリノスアブ属の記録 59-61
白川 友磨:京都市雲ケ畑にてネグロクサアブを採集 62
竹内 正人:ムモンツヤヒラタアブとタカネツヤヒラタアブ(新称)について 63-67
竹内 正人・春沢 圭太郎・笹井 剛博・山中 康如: 北アルプス大滝山周辺の双翅類―第1報― 68-83
春沢 圭太郎:台湾からの有弁翅類の記録 84-87
大原 賢二:Ceriana nigerrima Violovitsh(Diptera, Syrphidae)の日本からの記録 88-91
篠木 善重・大石 久志・蒔田 実造:三重県産双翅目RDB種の記録 92-99
大石 久志・村山 茂樹:日本産イエバエの同定 100-136
調査会・同定会の報告
 笹井 剛博:第49回調査会の報告「関東でトラツリアブを探そう」 埼玉県児玉郡上里町 神流皮河川敷 137-138
 竹内 正人:「双翅目談話会」第17回同定会・勉強会(第9回 関東同定会)の報告 139-141
調査会のご案内 142


No.36(2013年11月発行)
B5, 64pp. 1,500円(税込・送料別)
中山恒友:栃木県における環境省レッドリスト指定種である双翅目昆虫の分布情報について 1-5
中山恒友・ 前原 諭:日光市湯元におけるカラカネナガハナアブ・ツヤナガハナアブの記録 6-7
柿沼 進 ・三枝豊平:チャバネツリアブモドキの山口県及び福岡県からの記録 8-9
福島秀毅 ・森 康貴:チャイロモモブトナガハナアブ♀ の採集記録 9
小菅皇夫:神奈川県及び山梨県において採集されたAtrichopogon femoralis Tokunaga モモグロヒラタヌカカ(和名新称) 10-13
桂 孝次郎・春沢圭太郎:奈良県で見つかったキリズミヨコジマナガハナアブの♂ 14-16
桂 孝次郎: チ ャイロモモブトナガハナアブ Gen.sp.(Milesiini)の♀ を奈良県和佐又山で採集 17
桂 孝次郎:奈良県で見つかったキリズミヨコジマナガハナアブの異常(間性)個体 18-19
渡辺康生: 東京都練馬区都立光が丘公園の調査会報告 - 採集会で採れた「双翅目」と「膜翅目」のリスト 19-20
大石久志:シオサイミギワバエの訪花を観察 21
大石久志:豊田市(愛知県)の双翅目(第4報) 22-52
市毛勝義:茨城県でCalliphora subalpina タカネクロバエを採集 53-55
市毛勝義:栃木県でMatsumyia japonica コシアキオオモモブトハナアブを採集 56
採集会報告
 伊東憲正:第47回調査 会報告「関東調査会第3回八王子市調査会」 東京都八王子市元八王寺町八王子城跡周辺 57-58
 春沢圭太郎・桂 孝次郎:第48回調査 会の報告「大野山のハエ目を調べよう」 兵庫県猪名川町大野山 59-60
 竹内正人:有志による,第2回北アルプス大滝山調査報告 61
市毛勝義:<コラム>日本産双翅目に関する文献紹介ハナアブ科の学名変更 58
第18回総会の報告(大阪市立自然史博物館) 62-64


No.35(2013年3月発行) 
※弊社・発行元ともに完売
B5, 76pp. 1,500円(税込・送料別)
倉橋 弘・斉藤一三 : 離島のハエ相の記録 5
小菅皇夫: 神奈川県において採集されたForcipomyia ventralis Borkentトゲケブカヌカカ(新称)(双翅目:ヌカカ科)
須島充昭: コシアキオオモモブトハナアブを宮城県で採集
熊澤辰徳・田悟敏弘: ウデゲヒメホソアシナガバ工の学名の特定と関東地方以外からの記録について
篠木善重: トラフムシヒキの生態観察と記録
篠木善重・田悟敏弘: Formosina cincta (キモグリバエ科)本州初の記録 
柿沼 進: シリグロヤドリニクバエの生態について
柿沼 進: 山口県のケバエ類の記録(1)
中山恒友: 栃木県におけるミバエ科の記録
中山恒友: 山梨県韮崎市鳳凰小屋におけるムシヒキアブ4種の記録
中山恒友: 三宅島におけるムシヒキアブ2種の記録
林 成多: ため池にいたシマアシブトハナアブの幼虫
貞廣邦夫: 四国におけるMicrodon katsuraiケンランアリノスアブの採集記録
貞廣邦夫: Microdon simplexヒメルリイロアリノスアブの幼虫期の生態について
桂 孝次郎・別府隆守・笹井剛博・日下部 良康: ミナミヒメヨコジマナガハナアブの分布調査 新たな別種について
桂 孝次郎・奥野晴三: 千島公園(大阪市大正区)の双翅目調査 (モモブトチビハナアブ・ミズアブ科の一種・ホソムシヒキ亜科の一種)
桂 孝次郎・別府隆守・笹井剛博: 山小屋(トイレ)に群がるヒラタアブ類
桂 孝次郎: 岸和田市(大阪府)から見つかったチャバネツリアブモドキ
桂 孝次郎: サッポロツルギアブを護摩壇山(和歌山県)にて採集
桂 孝次郎: ヤマトクチキカを護摩壇山(和歌山県)にて採集
春沢 圭太郎: Neomochterus sinensis (Ricardo,1991)の本州からの追加記録
春沢 圭太郎: 近畿地方からのチビクロバエ属Genus Onesiaの記録
林田直哉: セミ寄生バエAngiometopa属(Diptera:Sarcophagidae)の成虫と3令幼虫主要部位
林田直哉: ニクバ工のセミへの産仔行動
林田直哉: 山梨県におけるニクバエ科の採集記録
細田昭博: 静岡県でヒメシカシラミバエとニッポンシカシラミバエを採集
竹内正人・笹井剛博: 東京都奥多摩町日原周辺の双翅類 -第2報-
「双翅目談話会」第16回同定会・勉強会(第8回関東同定会)の報告


No.34 (2012年11月発行)
B5, 92pp 1,500円(税込・送料別)
田悟敏弘:関東地方にて採集したアシナガバエ科の記録-II- 1-33
小菅皇夫:神奈川県において採集された Alluaudomyia undecimpunctataジュウイチテンヌカカ(新称) (双翅目:ヌカカ科) 34-35
市毛勝義:Thevenetimyia sp.シロガネホソツリアブ(和名新称)を栃木県日光市で採集 36-38
市毛勝義:Pseudopocota stackelbergiカラカネナガハナアブの♀を栃木県日光市で採集 39-40
市毛勝義:大雪山特別保護地区のハナアブ科. 41-54
中山恒友:栃木県下におけるオオハチモドキバエの記録 55
柿沼 進:ウベホソニクバエを佐賀県で採集 56
柿沼 進:スエナガヤチニクバエを山口県の瀬戸内海河口で採集 57
柿沼 進:ヒメニクバエを北海道で採集 58
柿沼 進:ホリホソニクバエは紀伊半島から種子島まで分布する 59
春沢圭太郎・佐野信雄:ヒゲナガケアリの巣中よりヒゲナガハナアブの幼虫を採集 60-61
竹内正人:ケヒロカオクロハナアブの紹介 62-63
春沢圭太郎:第44回調査会の報告 キタムツモンホソヒラタアブをさがそう! 64-65
伊東憲正:第45回調査会の報告「コブアリノスアブ&ヒサマツハチモドキハナアブ調査会」 66-67
伊東憲正:第46回調査会の報告「八王子市の双翅目を調べよう」 67
竹内正人:有志による,第l回白神山地採集会の報告 68-69
山中康如:有志による,長野県北アルプス大滝山調査報告 70-71
市毛勝義:はなあぶ33号日本産デガシラバエ科(Pyrgotidae)についての訂正 72
春沢圭太郎:「双翅目談話会」第17回総会の報告 73


No.33 (2012年4月発行)
B5, 92pp 1,500円(税込・送料別)
倉橋 弘・春沢圭太郎:日本未記録のAmobia auriceps (Barnov, 1935)ミナミドロバチヤドリニクバエ(新称)(双翅目:ニクバエ科) 1-2
倉橋 弘・春沢圭太郎:日本産ニクバエ科の雌外部生殖器, 1 (双翅目:ニクバエ科) 3-4
倉橋 弘・斉藤一三:離島のハエ相の記録 4 5-6
柿沼進・倉橋 弘:本邦新記録のヤドリニクバエの一種 7-8
柿沼進・倉橋 弘:本州新記録のチンタオコニクバエ 8
吉澤聡史・舘 卓司:ウロコシリモチとツノシリボソイエバエ(双翅目:イエバエ科)を西表島から記録 9-10
吉田浩史・大石久志:ヒガシヒゲナガヤチバエの近畿地方からの記録 11-12
吉田浩史:兵庫県の双題目7.クロバエ科 12-20
市毛勝義:日本産デガシラバエ科(Pyrgotidae)について 21-39
竹内正人・市毛勝義:日本初記録のシマルリハナアプKertsziomyia sacki (van der Goot, 1964) 40-42
山中康知:埼玉県からのトゲナガハナアブ属Spilomyia3種の記録と生態的知見 43
金沢 至:愛知県伊良湖岬におけるオオハナアブの南下移動 44-45
市毛勝義・中山恒友:P. dioctriaeformisニセヒゲナガクロメバエ(和名新称)の栃木県からの記録 46-48
春沢圭太郎:近畿地方のトゲナシケバエ属の記録 49-50
竹内正人・笹井剛博:東京都奥多摩町日原の双翅類 -第1報- 51-72
中山恒友:栃木県下におけるキバラナガハナアブの記録 73
中山恒友:栃木県下において48年ぶりに発見されたカワラムシヒキの記録 73
田悟敏弘:埼玉県における初記録種などの報告 -2- (Acidiella属の記録の訂正を含む) 74-77
田悟敏弘:ミナモオドリパエの一種Hilara sp.の飛期姿勢の観察例 78-79
田悟敏弘:30-2号[関東地方にて採集したアシナガバエ科の記録]の訂正 80
大石久志:豊田市(愛知県)の双翅目(第3報) 81
大石久志・篠木善重・蒔田実造:三重県のミギワバエ 82-88
大石久志:Ilythea japonica四国に産す 88
伊東憲正:「双題目談話会」第15回同定会&勉強会(第7回関東同定会)の報告 89-90
伊東憲正:会長就任にあたって 91
中山恒友:32号[栃木県におけるキアブ科・キアブモドキ科・クサアブ科の記録の訂正 91
調査会のご案内 92
同定会・勉強会の予告 92


No.32 (2011年10月発行)
B5, 74pp 1,500円(税込・送料別)
酒井春彦:オオイタアリノスアブ(Microdon oitanus)の飼育記録 1-2
横濱充宏:日本初記録のハナアブ 3-4
横濱充宏:ミヤマキガオネキハナアブの北海道からの記録 5
宇津木望:日本から新たに記録されたムシヒキアブ 6-8
大石久志・篠木善重:Plecia membranifera 本州に産す 9-10
大石久志:Oedenops flavitarsisについて 11-12
大石久志:Discomyza maculipennisの採集記録 13-14
中山恒友:栃木県におけるキアブ科・キアブモドキ科・クサアブ科の記録 15-18
市毛勝義:茨城県産ムシヒキアブ科の記録 19-24
市毛勝義:朽木から羽化したハナアブ類 25-27
山崎厚:東京都でヒメハチモドキハナアブとススバネナガハナアブを採集 28
紺野剛・金杉隆雄:ツリアブ科ノート 群馬県のツリアブ科 1. Systropus属(Toxophorinae) 29-31
吉田浩史:ツリアブ科ノート 青木浩コレクションのツリアブ科標本目録 32-33
吉田浩史:近畿地方産ニクバエ科分布資料 34-37
吉田浩史:兵庫県の双翅目 6. キアブ科・クシツノアブ科・クサアブ科 38-41
田悟敏弘:埼玉県における初記録種などの報告 42-45
田悟敏弘:東京都におけるチスイコバエ科の一種 Meoneura triangularis Collinの記録 46-48
桂孝次郎:ツマグロヒゲボソムシヒキの求愛ダンス 49-51
春沢圭太郎:近畿地方からのクロバエ科4種の新記録 52-53
佐藤直美:キイロクロコバエはクモの巣に侵入する 54-55
竹内正人:記録の少ないハナアブ2種の記録 56-57
桂孝次郎:ミナミヒメヨコジマナガハナアブ静岡県に産す 58
笹井剛博:61年ぶりに東京都から記録されたオオナガハナアブ 59
笹井剛博:東京都初記録のヨコジマナガハナアブ 60
笹井剛博:奈良倉山初記録のミナミヒメヨコジマナガハナアブ 60-61
笹井剛博:笠取山で2例目となるミナミヒメヨコジマナガハナアブ 61
森康貴:第40回調査会の報告「モリヨツモンコヒラタアブPipza sp.をさがそう!」 62-63
桂孝次郎:第41回調査会の報告「芦生演習林北部の双翅目調査」 64-66
伊東憲正:第42回調査会の報告「八王子市の双翅目を調べよう」 67
笹井剛博:第43回調査会の報告「東日本でミナミヒメヨコジマナガハナアブ Temnostoma sp.をさがそう!」 68-71
第16回総会の報告(大阪市立自然史博物館) 72-74


No.31 (2011年3月発行)
B5, 74pp. 1,500円(税込・送料別)
末永昌宏:日本産クチキバエ科の絵解き検索 1-18
中山恒友:栃木県におけるムシヒキアブ科の記録 19-38
中山恒友:栃木県下におけるヒメシマクサアブの記録 39
田悟敏弘:埼玉県秩父郡長瀞町におけるいくつかの双翅目の記録 40-43
竹内正人:キアシアトキリクロハナアブ暗色型♂の記録 44-46
山内健生:佐賀県におけるトワダオオカの記録 46
千葉武勝・鈴木 まほろ:岩手県に分布するクロハナアブ属A種群の採集データと成虫出現時期 47-53
千葉武勝・長谷川 勉:ヒラタアブ属Syephus2種の本州からの初記録 54-55
篠木善重:ヤマトツルギアブ三重県と徳島県の海浜での記録 56-57
飯嶋一浩:シバカワツリアブを福島県只見町で採集 58
伊東憲正:関東地方では記録が少ない双翅目について 59-61
大石久志:豊田市(愛知県)の双翅目(第2報) 62-70
浜路久徳:ベッコウタマユラアブの採集記録 71
影沢信彦:双翅目談話会第14回同定会・勉強会の報告 72-73
桂孝次郎:調査会のご案内 74


No.30 (2010年11月発行)
No.30-1 B5, 70pp. 2冊組1,500円(税込・送料別)
柿沼進・倉橋弘:スエナガヤチニクバエを熊本県と千葉県で採集 1
柿沼進・倉橋弘:ツシマゲンロクニクバエの分布記録と雌雄同体の記録 2
柿沼進・倉橋弘:ヒグラシヤチニクバエの山口県からの記録 3
市毛勝義:スルスミシマハナアブEristalis japonicaのヒルトッピング習性 4
市毛勝義:コシアキツマグロキンバエIdiella tripartitaの茨城県からの記録 5
市毛勝義:茨城県産ニクバエ科の採集記録 6
岩田泰幸:新潟県におけるスズキベッコウハナアブの追加記録とチャイロスズメバチ巣下より得られた本種幼虫について 13
竹内正人:本州初記録のヒラタアブ2種の記録 17
竹内正人:ヒロオビホシヒラタアブ♂の採集記録 20
竹内正人:首都圏平野部の早春のハナアブなどの記録-早春調査のすすめ- 22
大石久志・篠木善重・別府隆守:日本産Acrosathe属(ツルギアブ科)の新知見 31
春沢圭太郎:日本産アブ科の分布資料(7) 47
奥野晴三:サッポロヒゲナガハナアブを大阪府で採集 48
桂孝次郎:−ハナアブでも地史的議論が出来ないかーミナミヒメヨコジマナガハナアブは中新世末期に分化した日本固有種 49
 第38回調査会の報告「八王子市の双翅目を調べよう」東京都八王子市上川町今熊山(伊東憲正) 60
 第39回調査会報告「ミナミヒメヨコジマナガハナアブTemnostoma sp.をさがそう!」(桂孝次郎) 61
「双翅目談話会」第15回総会の報告(米津晃・桂孝次郎) 64 
笹井剛博:笹井式吸虫管の製作方法 68
奥野晴三:山本博子さんの思い出 70

No.30-2 B5, 96pp.
田悟敏弘:関東地方にて採集したアシナガバエの記録 1
 図版 図7〜図250 56


No.29(2010年3月発行) ※弊社・発行元ともに完売
B5, 80pp. 1,500円(税込・送料別)
米津晃:四国産マルガタアブ属(Stonemyia)の雄の交尾行動(双翅目,アブ科) 1
大石久志:日本産カイラギミギワバエについて 11
市川顕彦:越冬コセンダングサとセンダングサミバエの記録 16
吉田浩史・紺野剛:兵庫県の双翅目4. ツリアブ科 17
弘岡拓人・杉本周作:チャイロモモブトナガハナアブを奈良県和佐又山で採集 30
吉田浩史:兵庫県の双翅目5. キアブモドキ科 31
山内健生:大分県と熊本県で採集されたクモバエ科とコウモ リバエ科の記録 35
桂孝次郎:フタスジヒラタアブの腹部から多量の線虫発見 37
柿沼進:本州西部と四国におけるホソニクバエ属2種の分布調査  39
柿沼進:ヤドリトリキンバエを山口県で採集 41
柿沼進:ウミベカトリバエを山口県で採集 42
紺野剛・青野孝昭・山本厚宏:ツリアブ科ノー ト トラツリアブ,その後 43
源河正明:兵庫県からのケンランアリノスアブの記録 48
岩井大輔:茨城県におけるケンランアリノスアブの記録 49
田悟敏弘:Pherbellia obscuraの千葉県からの記録 50
田悟敏弘:埼玉県・千葉県・東京都にて近年採集したニクバエ類(Paramacronychiinae,Sarcophaginae) 53
細田昭博:宮城県仙台市におけるミギワバエ類の採集記録 56
春沢圭太郎:ヤドリトリキンバエ成虫の生態についての一知見 58
桂孝次郎:靱公園(大阪市西区)でタイワンオオヒラタアブを採集 59
春沢圭太郎:大阪府堺市の平野部における双翅目相(2) 60
宇津木望:日本産ヒメムシヒキ属に関する新知見 62
伊東憲正:多摩川中流域の双翅目 69
西本雄一郎:福井県小浜市のハナアブの記録(小浜の双翅目1)  72
西本雄一郎:福井県小浜市で日本未記録属のハナアブを採集 (小浜の双翅目2) 74
西本雄一郎:ニセスズキフタモンハナアブの生態(小浜の双翅目3) 75
西本雄一郎:キバラナガハナアブを滋賀県で採集 76
双翅目談話会 第13回同定会・勉強会の報告(伊東憲正) 77


No.28(2009年10月発行)

B5, 76pp. 1,500円(税込・送料別)
倉橋弘・春沢圭太郎:日本未記録のヤドリニクバエ(双翅目:ニクバエ科) 1
倉橋弘・吉田浩史・八木剛:コシアキツマグロキンバエ兵庫県からの記録(双翅目:クロバエ科) 2
倉橋弘・星野啓太:日本未記録のナミニクバエ属の1種(双翅目:ニクバエ科) 4
倉橋弘・斉藤一三:日本未記録のHebecnema halterata Stein, 1910ミナミヒカゲイエバエ(新称)(双翅目:イエバエ科) 6
桂孝次郎・松本吏樹郎:靱公園(大阪市西区)でツマキオオヒラタアブの発見 8
市毛勝義:日本産コシボソハナアブ類について 9
市毛勝義:松村松年記載のハナアブ科の検討 第2回 23
木野田君公:フデヒメヒラタアブ♀の記録 35
田悟敏弘:埼玉県・千葉県・東京都で採集したミギワバエ科の記録3 39
吉田浩史・春沢圭太郎:兵庫県の双翅目3. ムシヒキアブ科 43
大石久志:ニセクチグロヒラタアブ雄の発見 56
大石久志・吉田浩史:キンランルリミズアブの発見 58
大石久志・片岡宣彦・山崎博道:タマダレトリシラミバエの新発見 61
大石久志・紺野剛:スイゴニセミギワバエの再発見 64
竹内正人:群馬県でオオナガハナアブを採集 67
竹内正人:ケブカヒラタアブは山頂に集まる 68
竹内正人:山形県でアシマダラツヤタマヒラタアブを採集 68
春沢圭太郎:タカネクロバエを紀伊半島の亜高山帯で採集 69
第37回調査会ハナアブ入門講座,春のハナアブ調査「生駒山」の報告(弘岡拓人) 71
「双翅目談話会」第14回総会の報告(桂孝次郎) 73


No.27(2009年3月発行)
B5, 82pp. 1,500円(税込・送料別)
市毛勝義・境良朗:日本からのSphiximorpha属の記録 1
市毛勝義:Axymyia japonicaヤマトクチキカの群舞について(Diptera, Axymyiidae)  2
市毛勝義:ダイミョウヒラタハナバエとその近縁種の採集記録(Diptera, Tachinidae)  3
市毛勝義:Brachypalpus nipponicusケブカハラナガハナアブの記録 6
市毛勝義:日本産ナミハナアブ亜族Eristalinaについての補足-Eristalis arbustorumシマクロハナアブとE. abusivaメスグロシマハナアブの斑紋変異について-  9
市毛勝義:モモアカハラナガハナアブChalcosyrphus femoratusと近縁種について 11
竹内正人:日本初記録のズグロムツモンホソヒラタアブ 16
山内健生・山本貴仁:愛媛県におけるクモバエ科とコウモリバ工科の記録 18
松村雄:栃木県那須塩原市のハナアブ科採集記録 21
別府隆守:四国にもいたシリグロアリノスアブ 31
別府隆守:四国にもいたオオナガハナアブ 31
別府隆守:カツラクチグロヒラタアブの習性について 32
別府隆守:クロナガキマワリを狩るコ-カサスイシアブ 33
別府隆守:ヒラタムシヒキがハマベコムシヒキを狩る 33
小松貴:野外におけるミドリバエIsomyia senomeraの産卵行動 34
小松貴:ベンガルバエの一種Bengalia sp.の捕食行動 36
須島充昭:外来種スイセンハナアブの1990年代の採集記録 38
柿沼進:オガサワラツリアブの山口県における分布記録 39
柿沼進:山口県・島根県の海浜性ツルギアブ分布記録 40
柿沼進:島根県浜田市でゴヘイニクバエを採集 42
柿沼進:本州新記録のホリホソニクバエ 43
大石久志:豊田市(愛知県)の双翅目(第1報)  44
伊東憲正・古田治:カエルキンバエ調査会報告ならびに既報の整理 58
春沢圭太郎:大阪府堺市の平野部における双翅目相 62
鈴木裕:秋田県乳頭温泉付近のハナアブ類 67
鈴木裕:長野県峰の原高原のハエ目分布資料 68
田中伸一・田中 馨:山口県のメバエ 70
細田昭博:静岡県磐田市のハエ・アブ類 72
玉木長寿さんとの思い出 内田正吉 78
櫻井精氏を悼む 春沢圭太郎 80
「双翅目談話会」第12回同定会・勉強会の報告 伊東憲正 81


No.26(2008年10月発行)
B5, 96pp. 1,500円(税込・送料別)
横潰充宏 訳:連載 V.A.Mutin and A.V.Barkalov著 極東ロシア産昆虫の検索表第6番第1部所収ハナアブ科 −その11,ハナブトハナアブ族の検索表その1 1
須島充昭:横浜国立大学構内のケバエ科昆虫 7
市毛勝義:日本産ナミハナアブ亜族Eristalinaについて 9
市毛勝義:日本産ヒメヒラタアブ属Sphaerophoriaの数種について 49
市毛勝義:北隆館 新訂原色日本昆虫大図鑑のハナアブ科に関する追記事項 62
市毛勝義:茨城県からのツマグロホソヒラタアシバエCallomyia sonora Shatalkinの記録 66
桂孝次郎:トゲモンハナアブ Blera femoralis(Shiraki,1968)和歌山に産す 68
吉田浩史:兵庫県の双翅目1.概要 69
吉田浩史:兵庫県の双翅目2・ニクバエ科 79
田中伸一:オモゴクロハナアブについて 83
竹内正人:ビロウドツリアブの産卵行動を観察 84
佐藤直美:北海道におけるゴへイニクバエの記録 86
伊藤建夫・春沢圭太郎:ハラビロミズアブの寄主アリと成虫のヒルトッピング習性の追加 88
大石久志:ヤマトクロツヤタマヒラタアブの一生態的知見 91
第35回調査会「再度,モリヨツモンコヒラタハナアブPipiza Sp.をさがそう!(森康貴) 92
第36回調査会の報告「関東でカエルキンバエを探そう!」埼玉県幸手市(伊東憲正) 93
「双題目談話会」第13回総会の報告(奥野晴三・桂孝次郎) 95


No.25(2008年3月発行)
B5, 72pp. 1,500円(税込・送料別)
倉橋弘・林利彦・津田良夫:鹿児島県トカラ列島悪石島からのオオクロバエの記録 1
岡留恒丸:エトロフシマバエ(新称) Sapromyza takagii Elberg, 1993 (双翅目 シマバエ科)の北海道,四国,九州およ び韓国からの記録 3
市毛勝義・野下広人:続・長崎県五島列島のハナアブ 5
野村昭英・木野田君公:イイジマホシヒラタアブを北海道江別市およひ札幌市で採集 18
芳賀馨:標津町妹羅山で採集されたハナアブ 19
柿沼進:山口県でトゲヒメヒラタアブを採集 23
田悟敏弘:埼玉県・千葉県のミギワバエ科のいくつかの記録 24
岩井大輔・酒井春彦:ケンランアリノスアブの幼虫期の生態に関する知見 26
竹内正人:山形県産ハナアブ科分布資料 27
竹内正人:メスグロヒゲボソムシヒキを八ヶ岳で採集 42
大石久志:スルスミクロハナアブの採集記録 43
野村昭英:エゾクロツリアブを北海道厚沢部町で採集 44
鈴木裕:エゾクロツリアブを信州・青木村で採集 45
吉田浩史:ヒロズモンハナアブを兵庫県で採集 46
吉田浩史:紀伊半島におけるニクバエ科の採集記録 46
村山茂樹:ハマベニクバエにみられたイネ科植物への集合行動 48
祝輝男:九州における海浜性双翅目について -2007年,ヒラタムシヒキ,ハマベコムシヒキ,ハネボシスナニクバエ,ホリホソニクバエ,ゴへイニクバエ,ハマベニクバエの確認状況- 49
祝輝男:タイワンオオヒラタアブとフタホシヒラタアブの交尾行動 58
堀野満夫:近幾地方におけるメスアカケバエの記録 60
森康貴・桂孝次郎:待兼山(大阪府)のハナアブ 62
宮武頼夫:脇一郎さんを偲んで 64
祝輝男:「脇さん,ごめんなさい.そして,ありがとう」 65
春沢圭太郎:大塚勲さんを偲ぶ 66
第33回調査会「モリヨツモンコヒラタハナアブPipiza sp.をさがそう!」 (桂孝次郎) 68
第34回調査会「マドホソアリノスアブMicrodon sp.をさがそう」(奥野晴三) 70
「双翅目談話会」第11回同定会・勉強会の報告(古田治) 71
調査会のご案内 72


No.24(2007年10月発行) 
※弊社・発行元ともに完売
B5, 90pp. 1,500円(税込・送料別)
倉橋弘:日本未記録のCoenosia attenuata Stein, 1903 メスグロハナレメイエバエ(新称)(双翅目:イエバエ科) 1
岡留恒丸:キバラシマバエ(新称)Minettia lupulina (Fabricius, 1787)(双翅目,シマバ工科)について 2
市毛勝義:奥日光地方の稀なハナアブ 4
市毛勝義・木野田君公:日本初記録のヒメヒラタアブ属 Sphaerophoria 2種について 10
市毛勝義:日本産オピヒラタアブ属 Epistrophe について(第1回) 13
竹内正人:ニセヨコモンハナアブ(和名新称)と近縁種の区別点について 49
竹内正人:キゴシハナアブの産卵を真夏に観察 55
弘岡拓人:ニセクロオビハラブトハナアブの産卵の観察 56
村山茂樹:ツマグロキンバエの産卵行動の記録 57
村山茂樹:キュウリの雄花から発生したミスジミバエ 59
吉田浩史:四囲地方におけるツルギアブ科の新分布記録 61
吉田浩史:ハマペニクバエの兵庫県からの採集記録 62
吉田浩史:コシアキトゲアシイエバエを徳島県で採集 62
春沢圭太郎:近畿地方からのクモマトラフバエの記録 63
桂孝次郎:ヒゲナガヒロクチバエを大阪城公園で採集 64
奥野晴三:ピルの12階で見つかったヒゲナガヒロクチバエ 65
脇一郎:神奈川県でのニセミギワバエの採集記録 66
脇一郎:糖蜜トラップでカバエを採る 70
池崎善博:二宮柴一博士を偲ぶ 73
池崎善博:ハナアブ科雄附属器の簡易模型 76
村山茂樹:大型ハエ類の採集法と標本の作り方(2)78
脇一郎さんを偲ぶ 大石久志・春沢圭太郎・市毛勝義・桂孝次郎・奥野晴三・伊東憲正・鈴木裕 82
「双翅目談話会」第12回総会の報告 桂孝次郎 87
「日本産ハナアブ科目録」の販売について 池崎善博 89
第11回同定会・勉強会&忘年会の御案内 90


No.23(2007年3月発行)
B5, 104pp. 1,500円(税込・送料別)
横濱充宏訳 "連載 V.A.Mutin and A.V.Barkalov著 極東ロシア産昆虫の検索表第6巻第1部所収ハナアブ科 -その10,ツノヒゲバナアブ族,ナミハナアブ族の検索表-"
木野田君公・横濱充宏・廣永輝彦:「札幌の昆虫」に掲載された稀なハナアブ科5種について
市毛勝義・野下広人:長崎県五島列島のハナアブ
市毛勝義:トゲミケハラブトハナアブ及び近縁種ついて
市毛勝義:日本初記録のオビヒラタアブ属について
市毛勝義:奥日光の早春のハナアブ
市毛勝義:ヒゲナガハナアブ属の不明種について
市毛勝義:松村松年記載のハナアブ科の検討 第1回
市毛勝義:ハナアブ数種の北海道からの記録
市毛勝義:茨城県産ハナアブ科の記録
倉橋弘・津田良夫:日本の北におけるオオクロバエの記録
吉田浩史:高知県南西部におけるニクバエ科の採集記録
吉田浩史・山下雅司:兵庫県産ハナアブ科分布資料・追録1
野村昭英・廣永輝彦:土橋自然観察教育林で採集されたハナアブ科
大石久志・乙部宏・蒔田実造:三重のニセミギワバエとイソベバエ
伊東憲正:東京都のミギワバエ科分布資料その2
佐藤直美:新潟市におけるヨシコツルギアブの記録
桂孝次郎:アカツリアブモドキを和歌山で採集
桂孝次郎・大石久志:トゲべッコウバエを群馬県で採集
桂孝次郎:風媒花のススキの花を訪れたホソヒラタアブ
国際双翅目会議 参加報告 春沢圭太郎
第6回国際双翅目会議に参加して 宇津木望
国際双翅目会議参加報告(概要) 古田治
資料 第6回国際双翅目会議目次
第32回調査会「トラツリアブの調査」岡山県 桂孝次郎
第31回調査会「トラツリアブの調査」大阪府・信太山 春沢圭太郎・桂孝次郎
双翅目談話会同定会・勉強会報告 古田治


No.22(2006年10月発行)
B5, 92pp. 1,500円(税込・送料別)
岡留恒丸:長野県富士見市入笠山産トゲハネバエ数種の記録
横濱充宏訳 "連載 V.A.Mutin and A.V.Barkalov著 極東ロシア産昆虫の検索表第6巻第1部所収ハナアブ科−その9,ベッコウハナアブ属の検索表-"
竹内正人:キアシクチグロヒラタアブを長野県で採集
竹内正人:新潟県から採集されたトゲナガハナアブ属に近縁なハナアブについて
内田正吉・脇 一郎:カドムネニセケバエを関東地方2県(千葉県、神奈川県)で採集
市毛勝義:日本産コシボソチビハナアブ属Neoasciaについて(第1報)
市毛勝義:日本産ツヤタマヒラタアブ属Orthonevraについて(第1報)
市毛勝義・吉田浩史:イケザキハイジマハナアブの本州からの記録
市毛勝義:倒木に集まるヨツモンハナブトハナアブについて
市毛勝義:日本産コヒラタハナアブ属について(第2報) -モリヨツモンコヒラタハナアブの大阪府からの記録-
大石久志・市毛勝義:日本産クロハナアブ属(A群)の研究
堀野満夫:ルリハナアブの大阪府南部からの記録
佐藤直美:「新潟海岸の双翅目記録ノート 2005年ニクパエ科の記録」の訂正・追加
宇津木 望:日本初記録のムシヒキアブ(Diptera: Asilidae)
春沢圭太郎:羽アリを捕食したムシヒキアブ科の記録
別府隆守・桂 孝次郎:日本未記録の美麗なアリノスアブ
桂 孝次郎:九州初記録、アワモリショウマの花に群れるエヒメマドヒラタアブ
弘岡拓人・西本雄一郎・桂 孝次郎・春沢圭太郎:奈良県曽爾高原のハナアブ
春沢圭太郎:ツマグロアミカをクマノミズキの花より採集
脇 一郎:ハマベコムシヒキを神奈川県で採集
村山茂樹:葛西臨海公園に出現したニクバエ(東京都初記録のハマベニクバエの報告)
村山茂樹:長崎県のニクバエ
村山茂樹:大型ハエ類の採集法と標本の作り方(1)
「双翅目談話会」第11回総会の報告


No.21(2006年3月発行) ※弊社・発行元ともに完売
B5, 96pp. 1,500円(税込・送料別)
杉本 武:沖縄県よりツリアブモドキ2種と寄主の記録
市毛勝義:フタホシヒゲコヒラタハナアブPipizella biglumisについて
市毛勝義:コヒラタハナアブ属の1種の斑紋変異について
市毛勝義:日本産ハイジマハナアブ類について(第1報)
市毛勝義:ミナミモモブトチビハナアブの学名について
市毛勝義:茨城県でマレーズトラップにより採集されたハナアブ科
市毛勝義:日本産コヒラタハナアブ属について(第1報) -松村松年記載のコヒラタハナアブ属Pipizaについて-
春沢圭太郎:ムシヒキアブ研究入門( 1 )
春沢圭太郎:ハタケヤマヒゲボソムシヒキの求愛行動の観察
春沢圭太郎:日本産アブ科の分布資料(6)
別府隆守:四国から初めて記録されたカワラムシヒキ
別府隆守:イシアブ亜科2種の羽化の記録
桂孝次郎・薄葉 重:ヌルデの虫えい(ヌルデハサンゴフシ)から羽化したキボシコヒラタハナアブ
桂孝次郎:和佐又山(奈良県)で見つかったマツムラナガハナアブ
桂孝次郎:コモンマドヒラタアブを和歌山で採集
木村正明:対馬のトゲアリノスアブ
西村正賢:ヤエヤマナガハナアブの産卵に関する1資料
古田 治・村山茂樹:ニクパエ科の分類と和名の取り扱いについて
古田 治:長野県大鹿村,中川村周辺のヒメイエバエ科の記録
古田 治・慶野友和:双翅目蛹生類の愛媛県からの記録
古田 治:ニッポンシカシラミバエの生態的知見
小松 貴・古田 治:長野県松本市における希少な双翅目の記録
佐藤直美:新潟海岸の双翅目記録ノート 2005年ニクパエ科の記録
佐藤直美:アメイロホソムシヒキの記録
菅原道夫・近藤勝彦:セイタカアワダチソウ群落にミツバチと共に訪花するハナアブ類とツマグロキンバエ
植田義輔:ネグロクサアブの大阪府における記録
細田昭博:タイワンオオヒラタアブを静岡県で採集
堀野満夫:ホシアシナガヤセバエの産卵
堀野満夫:ハマダラハルカの交尾
紺野 剛・古田 治:ツリアブ科ノート トラツリアブ倉敷市での再発見
官武頼夫:大阪府のトラツリアブの記録
伊東憲正:東京都のミギワパエ科分布資料
<双翅目関連文献の紹介1> (伊東憲正)
<双翅目関連文献の紹介2> 対馬で採集されたハエ目の記録(木村正明)
同定会・勉強会の報告(桂孝次郎)
紹介 驚異のネムリユスリカ(春沢圭太郎)
調査会の案内・同定会・勉強会の予告


No.20(2005年11月発行) ※弊社・発行元ともに完売
B5, 126pp. 1,500円(税込・送料別)
鈴木 まほろ・千葉 武勝・大石 久志:岩手県から採集されたハナアブ2種 3
大石 久志・乙部 宏:新発見のヒメモモブトチビハナアブについて 11
大石 久志・蒔田 実造:三重県産Chrysopilus shibuyaiについて 15
倉橋 弘・津田 良夫:日本の北と南におけるオオクロバエの記録 17
倉橋 弘:ワラベヒメイエバエ沖縄本島からの記録 19
倉橋 弘:離島のハエ相の記録3 20
市毛 勝義:ミナミモモブトチビハナアブ(新称)について 23
市毛 勝義:フデヒメヒラタアブ2例目の記録 25
市毛 勝義:キヒゲアシブトハナアブについて 27
市毛 勝義:ナガモモブトハナアブの茨城県からの記録 29
市毛 勝義:ヤマトモモブトハナアブについて 31
市毛 勝義:オオヨコモンヒラタアブの茨城県からの記録 32
市毛 勝義:日本産ハナブトハナアブ属について 33
市毛 勝義:キアシハラナガハナアブの脚の色彩変異について 42
市毛 勝義:ネグロクサアブの茨城県からの記録 44
阿久津 四良:Liriomyza属ハモグリバエ主要6種の識別法 45
紺野 剛:ツリアブ科ノート エゾクロツリアブについて. 51
紺野 剛:ツリアブ科ノート ビロウドツリアブの観察?特に雌の尾端接触行動について 58
紺野 剛:ツリアブ科ノート 東京都本土部のツリアブ 62
宮武 頼夫:近畿地方におけるシバカワツリアブの その後の記録 65
桂 孝次郎:エゾクロツリアブを採集 66
西村 正賢:ナガハナアブ族の数種に関する知見(2) 67
西村 正賢:ナガハナアブ族の数種に関する知見(3) 71
四方圭一郎:長野県伊那谷におけるムシヒキアブ科2種の記録 75
四方圭一郎:中央アルプス(長野県)で採集したケブカヒラタアブ 76
四方圭一郎:新潟県佐渡島のトゲアリノスアブ 76
四方圭一郎:北アルプス燕岳(長野県)のタカネベッコウハナアブ 77
林 成多:電柱に集まるハマダラハルカ 78
岡留 恒丸・山岸 健三・佐久間 大輔:カワウの排泄物から発生するハエ目の昆虫 79
菅原 道夫・近藤 勝彦:シオヤアブ(メス)もニホンミツバチに蜂球を形成される 87
古田 治:伊良湖岬のニクバエ科の記録 89
古田 治:石川県におけるゴヘイニクバエの記録 89
細田 昭博:静岡県磐田市桶ケ谷沼周辺のアブ類 91
田中 伸一・田中 馨・椋木 博昭:山口県のハナアブ(Part.2.1) 93
春沢 圭太郎:ムシヒキアブの移動性についての調査(予報,2);ナミマガリケムシヒキ 101
春沢 圭太郎:日本産アブ科の分布資料 (5) 106
春沢 圭太郎:アブのクモ捕食者の記録 108
桂 孝次郎:ヘリヒラタアブの♂占有行動について 109
桂 孝次郎:キゴシハナアブを初夏に採集 110
桂 孝次郎:トラキアブモドキを和歌山で採集 110
桂 孝次郎・道盛 正樹:アシボソミケハラブトハナアブの産卵環境と飼育による2世代の色彩比較 111
別府 隆守:トラフムシヒキの産卵の観察 114
堀野 満夫:シロスジナガハナアブの産卵 115
ハナアブ勉強ノート ハナアブ交尾器研究の一方法 (市毛 勝義) 116
「双翅目談話会」第9回総会の報告 (奥野 晴三) 118
「双翅目談話会」第10回総会の報告 (春沢 圭太郎) 118
第30回調査会「シバカワツリアブを調べよう!」の報告(桂 孝次郎) 122
桂 孝次郎・西本 雄一郎:ニッポンクロヒラタアブの大阪府での記録 123
須島 充昭:永冨昭先生の思い出 124
大石 久志:永冨昭先生を偲んで 125
春沢 圭太郎:世界的なムシヒキアブ科の権威 P.A.Lehr博士 逝く 126


No.19(2005年3月発行)
B5, 72pp. 1,500円(税込・送料別)
カラー図版 1
岡留 恒丸:ミヤマキイロトゲハネバエSuillia brunneipennis Czerny, 1932(Diptera:Heleomyzidae)の日本での一寄主 3
林 利彦:日本産フンコバエ科ハエ類の国内分布に関する新知見と記録の削除(双翅目) 5
西村 正賢:ナガハナアブ族の数種に関する知見(1) 13
春沢 圭太郎:ヒメシカシラミバエをノリウツギの花より採集 16
市毛 勝義:南西諸島のマドヒラタアブ属について 17
市毛 勝義:ハマベコムシヒキの茨城県からの記録 22
市毛 勝義:カマバエ属Ochthera (ミギワバエ科)2種の混生地の記録 22
市毛 勝義:マドヒラタアブ及び近縁種について(第1報) 23
市毛 勝義:イケザキミフシコヒラタアブの四国からの記録 27
市毛 勝義:ハラコブトゲクロコヒラタハナアブ(新称)の日本からの記録 28
市毛 勝義:トゲクロコヒラタハナアブの福島県からの記録 30
高橋秀男:東京都日野市程久保のハナアブ(II) 32
木野田 君公・廣永 輝彦:日本初記録2種を含む北海道産のハナアブ3種について 33
河上 友三:ケブカハチモドキハナアブを四国で採集 37
河上 友三:ツマキハイジマハナアブ高知県に産す 38
横濱 充宏:「飯島一雄コレクション中の注目すべきハナアブ」での訂正 38
西本 雄一郎・奥野 晴三・桂 孝次郎:カクモンアシブトハナアブの明色型を採集 39
桂 孝次郎:奈良公園でモモブトハナアブの一種Miolepta sp. を採集 40
桂 孝次郎・春沢 圭太郎:ミズナラの新芽に集まるヘリヒラタアブ 41
桂 孝次郎:アカマツの枝先に産卵するコマバムツボシヒラタアブ 41
桂 孝次郎:キベリヒラタアブのホバリングの環境について 42
古田 治:鳥取砂丘採集記(ゴヘイニクバエを求めて) 43
佐藤 直美:ハマベコムシヒキ Stichopogon infuscatus 撮影記 47
佐藤 直美:砂浜のハエ類2種の記録 49
春沢 圭太郎:島根県・隠岐諸島からのムシヒキアブ科とハナアブ科の記録 50
丸山 宗利:ケンランアリノスアブ記載顛末 51
岩井 大輔・丸山 宗利:栃木県におけるケンランアリノスアブの生息地の現状 54
岩井 大輔:埼玉県におけるハチモドキハナアブに関する知見(2) 56
脇 一郎:ニセケバエを探し求めて花巡り 57
平沢 伴明:長野県安曇野の珍稀ハナアブ数種 67
米津 晃:マルガタアブStonemyia yezoensisの採集記録 68
堀野 満夫:生態写真・アカウシアブの産卵 69
堀野 満夫:生態写真・コムライシアブの交尾 70
文献紹介(春沢 圭太郎) 70
第8回同定会・勉強会の報告(奥野晴三) 71
調査会の案内<編集部よりのお願い>(大石 久志) 72


No.18(2004年10月発行)
B5, 70pp. 1,500円(税込・送料別)
宮武 頼夫:シバカワツリアブを大阪府枚方市で発見 1
飯嶋 一浩・三木 悠一:シバカワツリアブを福島県で採集 2
紺野 剛:ツリアブ科ノート 日本産Anastoechus属の種について 3
横濱 充宏 訳:連載 V. A. Mutin and A. V. Barkalov著「極東ロシア産昆虫の検索表第巻第1部」所収ハナアブ科その8,
 クロハナアブ属(部分)プサロクロハナアブ属の検索表 9
横濱 充宏:飯島一雄コレクション中の注目すべきハナアブ 26
倉橋 弘:離島のハエ相の記録1  31
倉橋 弘:離島のハエ相の記録2  32
市毛 勝義:ツノヒゲハナアブの茨城県からの記録 35
市毛 勝義:ツマグロハナアブの栃木県からの記録 35
市毛 勝義:ツマキハナブトハナアブ(新称)の日本からの記録 36
大石 久志・杉本 雅志:モモトゲハラブトハナアブの発見 38
中山 裕人:山梨県柳沢峠付近でヒメシカシラミバエを採集 48
奥野 晴三:和歌山県でニッポンクロヒラタアブを採集 48
永井 信二:カミキリムシ科及びヒゲナガゾウムシ科甲虫を捕食すると考えられるムシヒキアブ科数種について 49
永井 信二:長野県木曽郡のハナアブ類3  50
春沢 圭太郎:光岳(長野県)からのメスグロヒゲボソムシヒキの記録 53
春沢 圭太郎・桂 孝次郎:京都府からのメガネムシヒキ属の未知種の新記録 54
村山 茂樹:キンバエの金属光沢の理由への試案 56
斉藤 稔・桂 孝次郎:スズキベッコウハナアブを夜間に採集 57
桂 孝次郎:ハラビロミズアブのヒルトッピングの記録 58
桂 孝次郎:ケブカヒラタアブを岐阜県で採集 59
桂 孝次郎:カツラクチグロヒラタアブを和歌山県で発見 60
牧野 俊一・末吉 昌宏:スズメバチ用誘引トラップで得られたスズキベッコウハナアブ 61
岩井 大輔:ノウルシに訪花するハナアブ類 63
第28回調査会「ヤマトヒメナガヒラタハナアブの追跡調査」(桂 孝次郎) 66
第29回調査会「長野県大鹿村の双翅目を調べよう」の報告(2004.6.19?20)(古田治) 68
白水 隆先生を偲んで (大石 久志) 70
事務局の住所変更のお知らせ 70


No.17(2004年3月発行)
B5, 96pp. 1,500円(税込・送料別)
林 利彦・倉橋 弘:日本におけるツマグロホソナガヒロクチバエ(新称)Elassogaster hilgendorfi Enderlein, 1924(双翅目:
 ヒロクチバエ科)の分布について 1
高桑 正敏:神奈川県におけるケブカハチモドキハナアブの採集例と小観察 2
横濱 充宏:日本初記録のハナアブ 3
桂 孝次郎:ヤマトヒメナガヒラタハナアブの雄の発見と生態的新知見 7
桂 孝次郎・奥野 晴三・別府 隆守:ヤマトヒメナガヒラタハナアブの生態調査12
別府 隆守:高知県のヤマトヒメナガヒラタハナアブ 13
別府 隆守:高知県に於ける冬期のハナアブの採集について 14
岩井 大輔:栃木県のハナアブ科分布資料 15
吉田 浩史・桂 孝次郎:兵庫県産ハナアブ科分布資料 17
大石 久志・桂 孝次郎・市毛 勝義:カオスジモモブトハナアブCriorhina ainoの発見 27
大石 久志・市毛 勝義:新たに日本から記録されたカラカネナガハナアブPseudopocota stakerbelgi 32
大石 久志・市毛 勝義:ハラブトハナアブについて 36
脇 一郎・大石 久志:神奈川県でのミギワバエ科昆虫の採集記録 第一報 48
市毛 勝義:キガオモモブトハナアブ Lejota ambigua (Shiraki)について 59
市毛 勝義:タカオハナアブ Criorhina takaoensis Shirakiについて 61
市毛 勝義:日本産ケコヒラタアブ属について 63
春沢 圭太郎:ヒゲボソムシヒキ属の被食昆虫の記録,とくにそのうちのケバエ科昆虫についてのメモ 67
春沢 圭太郎:北海道大学北方生物圏フィールド科学センター苫小牧研究林のウィンドウトラップで1998-2000年に
 かけて得られたムシヒキアブについて 70
春沢 圭太郎:ウミアメンボを狩るヒラタムシヒキの記録 75
春沢 圭太郎:メスグロヒゲボソムシヒキの利尻島からの記録 76
春沢 圭太郎:屋久島新記録のムシヒキアブ科 (2) 77
伊東 憲正:静岡県産ハナアブ科分布資料 81
伊東 憲正:東京都からの注目すべきハナアブなどの記録 82
紺野 剛:ツリアブ科ノート 日本産Bombylius属の種について 85
ツリアブ入門 シバカワツリアブをさがそう! (紺野 剛) 90
池崎 善博:クロスジアシブトハナアブについて 91
池崎 善博:Essay  ハナアブ雑感(4) 91
奥野 晴三:イトウアナアキハナアブを大阪府で採集 92
林 成多:シロスジナガハナアブを有馬富士山頂で観察 93
別府 隆守:高知県のミヤマヒゲナガムシヒキの新産地 93
別府 隆守:岡山県蒜山高原で採集したエダヒゲムシヒキ 93
鈴木 裕:ヒメシロスジベッコウハナアブを千葉県で採集 94
鈴木 裕:ミツオビヒゲナガハナアブを三浦半島で採集 94
鈴木 裕:ミカドハマダラミバエを神奈川県・三浦半島で採集 94
第7回 同定会・勉強会の報告(伊東 憲正) 95
調査会のご案内 96
メーリングリスト「はなあぶ談話会」について (祝 輝男) 96


No.16(2003年10月発行) ※弊社・発行元ともに完売
B5, 60pp. 1,500円(税込・送料別)
宮谷 秀明:ヤブミョウガに捕殺されるヒメセグロケバエ等について
宮谷 秀明:ハグロケバエの訪花について
横濱 充宏・芳賀 馨:北海道上川,十勝地方で採集されたハナアブ
市毛 勝義:Myolepta simplex Shiraki, 1968 について
市毛 勝義:アカアシモモブトハナアブCriorhina rubripes (Matsumura, 1916)について
市毛 勝義:タカオハナアブCriorhina takaoensis Shirakiの低標高地での記録
大石 久志・細田 倖市:ヒゲクロムツモンヒラタアブ(新称)D. friuliensisを南アルプス鳳凰山で採集
松浦 誠・小池 賢治:スズキベッコウハナアブの生態的知見,とくに羽化時期について 5
横濱 充宏 訳:連載 V. A. Mutin and A. V. Barkalov著「極東ロシア産昆虫の検索表第4巻第1部」所収ハナアブ科その7,
 クロハナアブ属(部分)の検索表  11
横濱 充宏・芳賀 馨:北海道上川,十勝地方で採集されたハナアブ 24
宮谷 秀明:ヤブミョウガに捕殺されるヒメセグロケバエ等について 35
宮谷 秀明:ハグロケバエの訪花について 37
市毛 勝義:Myolepta simplex Shiraki, 1968 について 38
市毛 勝義:アカアシモモブトハナアブCriorhina rubripes (Matsumura, 1916)について 39
市毛 勝義:タカオハナアブCriorhina takaoensis Shirakiの低標高地での記録41
市毛 勝義:タカネベッコウハナアブ2例目の記録 42
田中 馨・田中 伸一・椋木 博昭:中国地方ハナアブ科の分布資料 43
吉田 浩史:ヒサマツハチモドキハナアブを神戸市で採集 44
大石 久志・細田 倖市:ヒゲクロムツモンヒラタアブ(新称)D. friuliensis を南アルプス鳳凰山で採集 45
大石 久志:Discomyza incurva を京都で採集 46
大石 久志・乙部 宏:Lamproclasiopa mera を三重県で採集 47
乙部 宏:カクモンハラブトハナアブを三重県で採集 48
畑山 武一郎:トラキアブモドキを奈良県で採集 48
大石久志・乙部 宏:三重の海浜性ムシヒキアブ 49
大石 久志・脇 一郎:Donaceus nigronotatus を神奈川県で採集 53
大石久志・脇一郎:Ilythea japonica 本州に産す 54
第25回調査会「ヤマトヒメナガヒラタアブを調べよう」の報告(桂 孝次郎) 55
第27回調査会「長野県大鹿村の双翅目を調べよう」の報告 (古田 治) 56
「双翅目談話会」第8回総会の報告(春沢 圭太郎) 58
ごあいさつ (横濱 充宏) 60


特別号(1)(2003年3月発行)
B5, 117pp. 2,000円(税込・送料別)
祝輝男:南西諸島のハナアブ相
摘要  2
1.はじめに  4
2.研究方法  7
2-1.採集調査  7
2-2.標本調査  7
2-3.文献調査  8
3.南西諸島について  9
3-1.自然環境  9
3-2.人為的環境  14
3-3.地史  15
4.南西諸島産のハナアブ科  19
5.分布の特徴  85
5-1.区系地理学的特徴  85
5-1-1.周辺地域との共通種  85
5-1-2.世界における分布  90
5-2.面積と所産種数  93
5-3.野村・シンプソン指数  95
5-4.固有率について  98
5-5.棲息環境と分布パターン  98
5-5-1.成虫の棲息環境  98
5-5-2.幼虫の棲息環境  101
6.考察  104
7.謝辞  107
参考文献  108
2003年度版補足  113
カラー図版4頁


No.15-2(2003年3月発行) ※弊社・発行元ともに完売
B5, 126pp. No.15-1と2冊セットで1,500円(税込・送料別)
永冨 昭・大石 久志:日本産キアブ,クシツノアブ,クサアブの同定
1.まえがき  1
2.キアブ主科の位置  1
3.キアブ主科の特徴  2
4.キアブ主科幼虫3属の検索表  2
5.クサアブ幼虫3属の検索表  2
6.幼虫と蛹  2
7.生活  3
8.各科の特徴(世界)  3
9.キアブ主科の科の検索表(世界)  5
10.キアブ科の種の検索表(日本)  5
11.クシツノアブ科の属の検索表(世界;化石種も含む)  5
12.クシツノアブ科の種の検索表(日本)  6
13.クサアブ科・属の検索表(世界)  6
14.キジマクサアブ属  6
15.Arthropeas属の種の検索表(世界)(日本産はいない)  7
16.ネグロクサアブ属の種の検索表(世界)  7
17.シギクサアブ属  8
18.Napemyia属(北米産)  8
19.シマクサアブ属の種の検索表(韓国済州島産を含む)  8
20.成虫口器の構造  8
21.雄外部生殖器  9
22.雌外部生殖器(Pantophthalmidaeを含む)  12
23.キアブモドキ科の雌外部生殖器  14
24.系統  16
25.最古式の属  18
26.Exeretonevraの所属する科あるいは亜科  18
27.小科乱立の弁  19
28.葉状爪間盤群  21
29.目録  22
30.謝辞  29
31.文献  30
表,図版(表1-2, 図1-113)  34-126


No.15-1(2003年3月発行) ※弊社・発行元ともに完売
B5, 92pp. No.15-2と2冊セットで1,500円(税込・送料別)
横濱 充宏 訳:連載 V. A. Mutin and A. V. Barkalov著「極東ロシア産昆虫の検索表第4巻第1部」所収ハナアブ科その6,
 クロハナアブ属(部分)の検索表  5
市毛 勝義:茨城県産ハナアブ分布資料(2) 25
市毛 勝義:ハナアブ採集のヒント-強風・低温時は風裏の陽だまりを狙え?- 33
内田 正吉:シラカシの樹液に飛来したカバエ類の観察 35
大石 久志:いわゆる「ルリイロナガハアブ」とその近似種について 日本産ハラナガハナアブ属の再検討 37
田中 伸一:山口県の双翅目3種の記録 62
祝 輝男:マドヒラタアブの産卵行動と捕食者に関する報告 63
表紙写真の説明:ミナミカマバエ について(祝 輝男) 64
古田 治:長野県木曽谷で得られたエゾクロツリアブ 65
古田 治:長野県伊那谷でのハクサンニクバエの記録 65
伊東 憲正:狭山丘陵の双翅目(2) 66
森 正人・桂 孝次郎:大阪府茨木市で得られたムツボシベッコウハナアブ 76
森 正人・桂 孝次郎:ケブカハチモドキハナアブ兵庫県大野山で得られる 77
磯部 浩巳:奈良公園の灯火に飛来したスズキベッコウハナアブ 77
桂 孝次郎:スズキベッコウハナアブとムツボシベッコウハナアブは夜行性かも78
高橋 秀男:東京都井の頭公園附近のハナアブ 79
高橋 秀男:東京都日野市程久保のハナアブ 80
高橋 秀男:トゲヒラタイシアブの記録 81
春沢 圭太郎:屋久島新記録のムシヒキアブ科 82
春沢 圭太郎・別府 隆守:四国からのイシアブ亜科の記録  83
櫻井 精・春沢 圭太郎:ミヤマヒゲナガムシヒキを福島県で採集 88
松本 吏樹郎:ケブカハチモドキハナアブを鳥取県大山の南麓にて採集 89
記録ノート(別府 隆守・春沢 圭太郎・杉本 雅志) 89
調査会のご案内 92
同定会のご案内 92


No.14(2002年10月発行) ※弊社・発行元ともに完売
B5, 66pp. 1,500円(税込・送料別)
桂 孝次郎 : エダシゲナガハナアブSpilomyia abdominalis Shiraki, 1968 1
倉橋 弘 : カエルキンバエ愛知からの記録 3
大石 久志・芳賀 馨 : クナシリムツモンヒラタアブを長野県で採集 4
池崎 善博・根来 尚 : 富山県のツノヒゲハナアブ 5
池崎 善博 : 宮城県仙台市のハナアブ科採集品 5
池崎 善博 : 九州九千部岳のハナアブ科採集品 6
田中 伸一 : 山口県より見つかった稀なハナアブ科3種 8
片岡 宣彦 : 京都芦生で採集されたクロシカシラミバエ 9
伊東憲正 : ヤマトヒメナガヒラタハナアブの茨城県からの記録 10
岩井 大輔 : 埼玉県におけるハチモドキハナアブに関する知見 11
春沢 圭太郎 : アイノヒゲボソムシヒキとハタケヤマヒゲボソムシヒキの産卵と孵化の観察 13
春沢 圭太郎・桂 孝次郎・別府 隆守 : ミヤマヒゲナガムシヒキ(新称)の本州と四国の新産地 17
桂 孝次郎・別府 隆守 : エダシゲナガハナアブの♂の発見と近似種との比較 19
桂 孝次郎 : ワタリムツボシヒラタアブを淀川河川敷(大阪)で採集 21
桂 孝次郎 : 和佐又山のヒメヨコジマナガハナアブは別種 22
大石 久志 : 京都のハナアブ 24
大石 久志・別府 隆守 : カノウコウモリバエをコキクガシラコウモリより採集 44
永井 信二 : 長野県木曽郡のハナアブ類2 45
永井 信二 : オオヒゲナガハナアブの一観察例 47
永井 信二 : 与那国島から得られたイシガキオオナガハナアブ 47
吉田 浩史 : 兵庫県のシママメヒラタアブ 48
吉田 浩史 : 神戸市北区藍那の双翅目 49
吉田 浩史 : 大阪府産ハナアブ科2種の記録 50
大石 久志・蒔田 実造 : コブアリノスアブを三重県で採集 51
大石久志 : ミヤマルリイロハラナガハナアブ奄美大島に産す 52
大石 久志 : 京都府宮津市由良浜海岸のミギワバエ 54
米津 晃 : マルガタアブStonemyia yezoensis (Shiraki) の2002年採集記録 55
第7回総会の記録(奥野 晴三) 55
第20回調査会の報告 「早春の海岸にいるハナアブを調べよう」 兵庫県淡路島吹上浜(奥野 晴三) 59
第21回調査会の報告 「里山の双翅目を調べよう」 兵庫県三田市大磯(桂 孝次郎)59
第22回調査会の報告 「古墳近辺の双翅目を調べよう」 奈良市平城宮跡周辺(桂 孝次郎) 60
第23回調査会の報告 「山岳地帯の双翅目を調べよう」 岐阜県天生峠(桂 孝次郎)62
第24回調査会報告 「近畿最高峰・仏経ケ岳のふもと,秋にでるイシアブをさがそう」(春沢 圭太郎) 64
データアップ図鑑 日本のハナアブ(JAPANESE HOVERFLIES) Ver.1発刊にあたって(奥野 晴三) 65
第6回同定会・忘年会のご案内 66


No.13(2002年3月発行) ※弊社・発行元ともに完売
B5, 127pp. 1,500円(税込・送料別)
春沢 圭太郎:アカアシイシアブChoerades lapponica ( Zetterstedt, 1838)の♂  3
桂 孝次郎:ニセクチグロヒラタアブ(新称)Syrphus ventralis Shiraki etEdashige, 1953 3
市毛 勝義:茨城県で得られたPseudovolucella ? sp. 3
大原 賢二・祝 輝男:マエキコシボソハナアブの南西諸島からの記録 3
横濱 充宏 訳:連載 V. A. Mutin and A. V. Barkalov著「極東ロシア産昆虫の検索表第4巻第1部」所収ハナアブ科その5,
 ヒラタアブ族(部分)の検索表
桂 孝次郎:Syrphus ventralis Shiraki et Edashige, 1953の再発見 30
春沢 圭太郎:日本から新たに記録されたムシヒキアブ(1)
春沢 圭太郎:ツマグロヒゲボソムシヒキのヒルトッピング習性の観察 33
大石 久志・佐藤 雅彦:ゼンズリストクチヒゲアシナガバエを京都で採集 36
大石 久志:ハマベコムシヒキ京都に産す 37
須島 充昭:双翅目幼虫の同定のために -科の検索表の紹介と同定のポイント-  38
大石 久志・畑山 武一郎:京都久多から採集された珍しいハナアブ(追記) 39
吉田 浩史:タイワンハラボソツリアブを神戸市で採集 40
大塚 勲:アマミツリアブモドキを宇土半島で採集 40
紺野 剛:コウヤツリアブとホシツリアブの学名について 41
市田 忠夫:青森県産ハナアブ科(Syrphidae)リスト 43
櫻井 精:新潟県産ハナアブ科目録 59
伊東 憲正:ニッポンクロヒラタアブの島根県からの記録 72
市毛 勝義:茨城県産ハナアブ分布資料 73
山崎 秀雄:加納博士からお預かりした千葉県産ハナアブ 87
伊東 憲正:神奈川県産双翅目の記録 91
伊東 憲正:栃木県産ムシヒキアブ科・ハナアブ科の分布資料 95
多比良 嘉晃:静岡県のハナアブ科(1) 97
吉田 浩史:神戸市北区藍那のハナアブ科 107
後藤 純子:育苗温室で発生する双翅目昆虫について 110
松村 雄:「メクラアブ」の代替名を「キンメアブ」にする提唱 113
第19回調査会の報告 「ハナバチモドキアブに会いに行こう」富山,立山 (伊東憲正) 125
第5回同定会・勉強会の報告(奥野 晴三) 127
はなあぶ11号の訂正 37


No.12(2001年10月発行)
B5, 87pp. 1,500円(税込・送料別)
Hadromyia (Chrysosomidia) cimbiciformis (Portschinsky,1881)ツヤナガハナアブ(新称)(桂 孝次郎) 1
ウロコシリモチ(新称)Pygophora lepidofera (Stein, 1915) ♂(倉橋 弘 )3
シオヤアブPromachus yesonicusの♀成虫によって産付された卵のう(春沢 圭太郎) 3
Choerades dispar (Coquillett, 1898)シロホソイシアブ♂(永井 信二・田川勇治 ) 3
アサギマダラParantica sita niphonicaの幼虫を食するフタスジヒラタアブDasysyrphus bilineatuの幼虫(奥野 充秋) 3
オオコシボソハナアブDoros profuges (Harris,1780)♀(伊東 憲正) 3
ワタリムツボシヒラタアブScaeva pyrastri (Linnaeus,1758)♂(西本 雄一郎)3
横濱 充宏 訳:連載.V. A. Mutin and A. V. Barkalov著「極東ロシア産昆虫の検索表第4巻第1部」所収ハナアブ科その4,
 ヒラタアブ族(部分)の検索表  5
倉橋 弘:ウロコシリモチ(新称)を奄美大島から記録 13
永冨 昭・大石 久志:日本産タマユラアブの同定 15
春沢 圭太郎:ムシヒキアブの移動性についての調査(予報);ナミマガリケムシヒキ 39
春沢 圭太郎: シオヤアブの産卵と孵化の観察 43
三島 敏夫:ホソバネクチナガガガンボ覚書 47
桂 孝次郎: 本州(岐阜県)で採集された日本新記録属のハナアブ 51
大石 久志:京都東山における双翅類の移動に関する知見(予報)4報(2000年1-12月) 53
永井 信二・田川 勇治:長野県でシロホソイシアブChoerades dispar (Coquillett,1898)を多数採集 56
伊東 憲正:ツノヒゲハナアブ岐阜県に産す 57
伊東 憲正:オオコシボソハナアブの本州からの記録 58
永井 信二: 秋山郷 切明温泉附近(長野県 下水内郡 栄村)で得られたハナアブ類  59
永井 信二:長野県木曾郡内で1998年から2000年の3年間で得られたハナアブ類 59
脇 一郎:ムラクモハマダラミバエ ( Staurella nigrescens Zia,1937)の交尾について 63
脇 一郎:オオフタホシヒラタアブの幼虫と蛹 63
脇 一郎:オビヒラタアブの一種の幼虫を神奈川県綾瀬市で 採集, 飼育,羽化させる 64
奥野 充秋・大石 久志:アサギマダラの幼虫を襲ったフタスジヒラタアブ 65
吉田 浩史:大阪府初記録のムツボシハチモドキハナアブ 66
市毛 勝義:茨城県からのオオクチグロヒラタアブ及びコシアカモモブトハナアブの記録 67
山本 栄治:ヤマザクラの幹に来るオオマダラヒロクチバエ 68
春沢 圭太郎:大阪府からのヒメハチモドキハナアブの記録 69
松本 吏樹郎:ネグロクサアブの京都からの記録 69
大石 久志:チシマベッコウバエ京都に産す 70
大石 久志:クロアシナガハナアブの採集記録 70
西本 雄一郎・桂 孝次郎:ワタリムツボシヒラタアブ静岡県での記録 71
小中学生ジュニア会員のページ(西本 雄一郎) 71
「双翅目談話会」第6回総会の報告(大石 久志) 72
第16回調査会の報告「春の双翅目とハナアブのホバリング勉強会」(桂 孝次郎)  73
第17回調査会の報告 大阪 茨木市竜王山(桂 孝次郎) 73
第18回調査会の報告「中国地方の秘境へ双翅目調査に行こう」広島 臥竜山・八幡湿原(桂 孝次郎) 74
第19回調査会の報告「ハナアブの多産地に行こう」京都 芦生(奥野 晴三) 75
追悼木村輝夫先生 木村輝夫先生と双翅目談話会
 木村輝夫氏 著作目録(ハナアブ科関係)池崎 善博(編) 77
 木村輝夫先生を偲ぶ(池崎 善博) 79
 木村輝夫さんへの手紙(大原 賢二) 81
 木村先生の思い出( 大石 久志) 83
 木村輝夫先生を思う(米 津  晃) 84
 木村 輝夫先生と双翅目談話会(春沢 圭太郎)  84
 木村先生と双翅目談話会(奥野 晴三) 86
  木村 輝夫先生を偲んで(桂 孝次郎) 86
木村コレクションが大阪市立自然史博物館に寄贈されました(松本 吏樹郎) 87
はなあぶ10号・11号の訂正 87


No.11(2001年3月発行)
B5, 108pp. 1,500円(税込・送料別)
ホソヒラタアブの羽化(桂 孝次郎) 1
アマミマルガタアブの記載とマルガタアブ属に関する解説(米津 晃) 3
米津 晃:アマミマルガタアブの記載とマルガタアブ属に関する解説 5
米津 晃:「種の分け方について思うこと」 18
横濱 充宏 訳:連載 V. A. Mutin and A. V. Barkalov著「極東ロシア産昆虫の検索表第4巻第1部」所収ハナアブ科その3,
 マメヒラタアブ族ならびにヒラタアブ族(部分)の検索表  19
永冨 昭・大石 久志:日本産キアブモドキの同定 47
大石 久志・乙部 宏:ヒメシカシラミバエの一奇習 65
大石 久志:京都のデガシラバエ 66
大石 久志:トワダオオカ の群飛を観察 67
大石 久志・中西 元男:カノウコウモリバエを三重県で採集 69
大石 久志:クロツヤタマヒラタアブの再発見 72
大石 久志・脇 一郎:シママメヒラタアブについて 77
記録ノート,(吉田 浩史) 86
伊東 憲正:狭山丘陵の双翅目(1) 87
伊東 憲正:大鹿村周辺の双翅目(1) 91
田川 勇治:本州初記録のメスグロヒゲボソムシヒキ 97
浜路 久徳:ムツボシベッコウハナアブ山梨県での記録 98
新家 勝:シオヤアブ ,コシアキトンボを捕らえる 98
吉田 浩史:タイワンオオヒラタアブを神戸市で採集 99
中村 裕之:奈良県和佐又山でヒメシカシラミバエを採集 99
奥野 晴三:京都府でクロイワオビヒラタアブの幼虫を採集 100
奥野 晴三:クモの巣にかかっていたジョウザンナガハナアブ 101
春沢 圭太郎:日本産アブ科の分布資料(4) 102
桂 孝次郎:写真記録,ホソヒラタアブの羽化 103
小型双翅類勉強ノート 永久プレパラート標本の作製法(須島 充昭)  104
ハナアブ勉強ノート(10) ハナアブの標本の作り方(2)(桂 孝次郎) 106
第4回 同定会・勉強会の報告(桂 孝次郎) 108
木村 輝夫先生のご逝去にあたって(大石 久志) 108


No.10(2000年11月発行) ※弊社・発行元ともに完売
B5, 108pp. 1,500円(税込・送料別)
カラー図版 1
倉橋 弘:ベッコウバエの2未記録種 3
池崎 善博・桂 孝次郎:フタガタハナアブの蛹殻(ハナアブ科) 6
横濱 充宏 訳:連載 V. A. Mutin and A. V. Barkalov著「極東ロシア産昆虫の検索表第4巻第1部」所収ハナアブ科その2,
 アリノスアブ亜科ならびにコシボソハナアブ族の検索表 7
飯島 一雄:北国の希少ハナアブ類の記録(1) 29
小峯 みどり:イナゴに寄生するヤドリバエ 34
徳本 洋:カエルキンバエを探そう-研究史と種の特性解説- 35
脇 一郎:ヘリヒラタアブの幼虫をクリオオアブラムシのコロニーから採集 42
脇 一郎:コマバムツホシヒラタアブの幼虫を春,神奈川県の平野部で採集,羽化させる 43
脇 一郎:ムラクモハマダラミバエは欅の幹が大好き? 44
脇 一郎:タカサゴモモブトハナアブは年二化か? 45
後藤 純子・前藤 薫:ミギワバエの一種に寄主するコマユバチの発見と昆虫寄生菌の発生事例について 47
内田 正吉:「奄美大島の若干のガガンボ」への訂正と追記 50
内田 正吉:関東周辺におけるハマダラハルカの採集記録 51
内田 正吉:埼玉県の平野部における秋季のシロスジベッコウハナアブの記録 52
大石 久志・奥田 好秀:ヒメシカシラミバエを大阪府箕面で採集 53
大石 久志・荒谷 邦雄:ヒメシカシラミバエを京都芦生で発見 54
片岡 宣彦:空き巣で待ちかまえるシラミバエ 55
大石 久志・荒谷 邦雄:キツネの糞に集来したハマダラヒロクチバエ 56
大石 久志:キスネハラキンミズアブを京都で採集 57
大石 久志・千葉 武勝:ガロアアナアキハナアブの再発見 58
大石 久志:京都八丁平でフタオビアリノスアブを採集 65
大石 久志:カドムネニセケバエの発見 66
大石 久志:京都東山における双翅類の移動に関する知見(予報)3報(1999年1-12月) 71
遠藤 泉:北海道内のトワダオオカ 74
青木 隆:神奈川県川崎市でクロベッコウハナアブ多産する 75
弘岡 和子:ハナアブはどれほどの期間同じ場所にいるか? 78
飯嶋 一浩:シロスジナガハナアブの擬態について 79
木村 正明:ムカシアブ沖縄島に産す 80
山本 博子:大阪府未記録のススバネナガハナアブ 80
桂 孝次郎:奄美大島のハナアブ科調査報告 81
桂 孝次郎・奥野 晴三: 屋久島のハナアブ科調査報告 88
桂 孝次郎:京都府芦生で得られたジョウザンナガハナアブ 95
桂 孝次郎:ニッポンクロヒラタアブの生態的知見 95
桂 孝次郎:ハイイロハナアブの♀の発見 96
山本 栄治:アブラムシ類を捕食するハナアブ類(1) 97
春沢 圭太郎:コムライシアブの生態に関する一知見 97
「双翅目談話会」第5回総会の報告(米津 晃) 98
第12回調査会の報告1.ホバリング勉強会(奈良公園柳生街道)(大石 久志)100
第13回調査会の報告「ドライアイストラップでアブを採集しよう」 大野山(春沢 圭太郎) 101
第14回調査会の報告「ハナアブの多産地へ行こう 1」京都,芦生(大石 久志)102
第15回調査会の報告「ハナアブの多産地に行こう 2」奈良,和佐又山(大石 久志)103
記録ノート(大石 久志・桑原 英夫・春沢 圭太郎・奥野 晴三) 104
大石 久志・米津 晃・永冨 昭:差別的表現のある和名に関する改定の提言 107
事務局だより「創刊第10号にあたって」(木村 輝夫) 108


No.9(2000年3月発行) ※弊社・発行元ともに完売
B5, 1,500円(税込・送料別)
永富昭・大石久志 日本産ツルギアブの同定
横濱充宏 "連載,V.A.Mutin and A.V.Barkalov著「極東ロシア産昆虫の検索表第4巻第1部」所収ハナアブ科その1,亜科ならびに属の検索表
新家勝 武庫川でナギサツルギアブを採集
宮谷秀明 ハラビロミズアブの幼虫の生態と産卵について
岩井大輔 栃木県のオウゴンアリノスアブに関する知見(2)
伊東憲正 千葉県初記録と思われるクロバエ科とニクバエ科について
伊東憲正・伊東三奈 御嶽山田の原周辺のハナアブなど
伊東憲正 愛知県産ハナアブ科の分布資料
菅原道夫 ミツバチの巣に飛来したシロスジベッコウハナアブ
菅原道夫・桂孝次郎 オオスズメバチの巣の中から見つかったスズキベッコウハナアブ
桂孝次郎 フタガタハナアブの飼育
初宿成彦 街の話題,1999年晩秋,大津で「びわこ虫」が大発生
奥野晴三 冬の室戸岬(高知県)で見られたハナアブ
桂孝次郎 採集記,厳冬期のハナアブ調査−串本大島(和歌山県)−
冨永修・春沢圭太郎 ムシヒキアブ科2種の分布記録
木村輝夫 文献紹介,バイエルンのハナアブ科リスト


No.8(1999年10月発行) ※弊社・発行元ともに完売
B5, 69pp. 1,500円(税込・送料別)
カラー図版 1-3
倉橋 弘・長谷川 勉:ウスカワマイマイに寄生していたコクロバエ2種 5-6
片岡 宜彦:京都府下で採集されたセルリシラミバエ(新称)とその羽化 7-9
木村 輝夫:イイダハイジマハナアブ♀について 11-12
池崎 善博:ナミハナアブ族の採卵と長尾型幼虫の飼育(ハナアブ科) 13-14
大石 久志・別府 隆守:四国から採集されたワタリムツボシヒラタアブ(新称) 15-18
大石 久志:京都でナガヒラタアブが激減か? 18
春沢 圭太郎:エダヒゲムシヒキ(ヒゲナガムシヒキを改称)を兵庫県猪名川町大野山で採集 19-21
池崎 善博:Essayハナアブ雑感 (3) 22-24
奥野 晴三・桂 孝次郎:京都府芦生でオオナガハナアブを採集 25-26
大石 久志・畑山 武一郎:京都久多から採集された珍しいハナアブ 27-35
大石 久志・蒔田 実造:アシグロルリミズアブ(新称)について 35-39
大石 久志・高橋 秀男:伊豆新島のハナアブ 40-41
蒔田 実造:カワムラヒゲナガムシヒキの花と灯火への集来例 41
岡本 素治:ホバリング・スォーミング・ノート(1) 42
桂 孝次郎:京都府丹波大江山とその周辺のハナアブ科 43-45
桂 孝次郎:大江山(京都府)で採集された日本未記録属のハナアブ 46-49
桂 孝次郎・奥野 晴三・春沢 圭太郎:タマヒラタアブの一種Chrysogaster sp.の生態 50-52
大石 久志・弘岡 知樹:ヒメキイロコウカアブはキノコの発生を予知する? 53-54
「キノコに集まるヒメキイロコウカアブ」(はなあぶNo.6) の追加と訂正
伊東 憲正:関東地方におけるハチモドキハナアブ族3種の記録 55-56
伊東 憲正:関東地方のスイセンハナアブの記録 56
伊東 憲正:宮城県宮崎町寒風沢のハナアブなど 57
伊東 憲正:大鹿村でコマバムツホシヒラタアブを採集 58
伊東 憲正:カノウアシナガムシヒキその後 58
米津 晃,黒本 朗:北海道及び本州東部から採集されたアブ科 59-60
高桑 正敏:オオハチモドキバエを小田原市で採集 60
桂 孝次郎:ミツオビヒゲナガハナアブが皆子山(京都府)山頂で多数ホバリングするのを観察 61
畑山 武一郎・高桑 正敏:クロベッコウハナアブを奄美大島で採集 62
加納 康嗣:オウゴンアリスアブを三重県名張市で採集 62
記録ノート(春沢 圭太郎・別府 隆守・大島 新一郎) 63
「双翅目談話会」第4回総会の報告 (米津 晃) 64-5
ハナアブ勉強ノート(9)ハナアブの各部位の名称(奥野 晴三) 66-67
大石久志:中根猛彦先生の思い出 68
Volucella誌上広告のお知らせ 10
ムシヒキアブの交尾例について求む 18
ハナアブの冬のデータを求む 26
はなあぶ7号の訂正 39
編集後記・表紙の説明 69


No.7(1999年3月発行)※弊社・発行元ともに完売
B5, 73pp. 1,500円(税込・送料別)
田川 勇治:日本初記録のムシヒキアブ(Diptera: Asilidae) 5-6
大石 久志・高橋 秀男:八丈島のムシヒキアブ 7-13
春沢 圭太郎:トゲヒラタイシアブ(新称)について 14?18
横濱 充宏:北海道で採集された日本未記録のハナアブ(5) 19-20
木村 輝夫:日本未記録のハナアブ(7) 21-22
木村 輝夫:Heringiaの日本初記録 23
大原 賢二:タイワンマメヒラタアブの八重山諸島からの記録 25-28
大石 久志・淀江 賢一郎:イワツバメシラミバエについて 29-32
大石 久志・桂 孝次郎:ニッポンシカシラミバエ(新称)♂の発見 33-35
大石 久志:東山における双翅類の移動に関する知見(予報)2報 36-37
大石 久志:台風の直後に採集されたハナアブ2例 38-39
倉橋 弘:真夏の夜の不思議ウヅキイエバエモドキとれる,その2 40
山本 博子・金沢 至・中谷 憲一:大阪府豊中市産オオミノガからのオオミノガヤドリバエ(仮称)の羽化 41
初宿 成彦:ハナアブはアホか? -ホバリングに関する議論の記録- 42
桂 孝次郎:ハナダカハナアブはツリフネソウの蜜を吸えるのか 43-44
弘岡 拓人:堺市大津池で採集した双翅目(1992-1998) 45-48
池崎 善博:長崎県多良山系のハナアブ科昆虫(2)(Diptera: Syrphidae) 49
池崎 善博・池崎 幸子:ヒゲナガハナアブ属は黄昏性か 50
池崎 善博:ヒサマツケブカモモブトハナアブを採集 50
桂 孝次郎:ビルの屋上(大阪市西区)に飛来したカオグロオビホソヒラタアブ 51
桂 孝次郎:ホソヒラタアブの斑紋異常個体 51
市田 忠夫:岩木山でムツボシベッコウハナアブの死体を拾う(ハナアブ科) 52
桂 孝次郎:蜂が刺すように腹部を曲げるスズキナガハナアブ 52
内田 正吉:埼玉県寄居町におけるヒメキイロコウカアブの採集例 53
内田 正吉:埼玉県におけるニトベベッコウハナアブの採集例 53
杉本 雅志・伊東 憲正:モモトゲフサヒゲムシヒキについて 54
春沢 圭太郎:池崎 善博氏採集のムシヒキアブ科Asilidaeの記録 54
春沢 圭太郎:日本産アブ科の分布資料(3) 55
河合 正人:あやめ池自然博物館の標本箱から「再採集」したハナアブ類の標本 56
伊東 憲正:同定会の野外観察会で見られた長居公園(大阪府)の双翅類 57
大塚 勲:熊本市内で採集されたフタスジヒラタアブ 57
伊東 憲正:裏高尾町小下沢のハナアブなど 58
高橋 秀男:ハナナガモモブトコハナアブを栃木県渡瀬で採集 58
佐藤 敬久:ツマキオオヒラタアブの♀を多良岳(佐賀県)で採集 58
米津 晃:南西諸島より得られたアブ科2種 59
ガガンボ勉強ノート(1)ガガンボの採り方と標本の作り方(内田 正吉) 60-61
ミズアブ勉強ノート(2)ミズアブの体(市川 顕彦)  62-63
ロシア文字の英語表現の参考資料(米津 晃) 64
記録ノート(春沢 圭太郎) 65
文献・インターネット紹介(大石 久志・米津 晃) 66-68
調査会報告 第11回双翅目談話会調査会「キクの花にくるハナアブを調べよう」大阪府・生駒山(奥野 晴三) 69
第2回「双翅目談話会」同定会・勉強会報告(奥野 晴三) 70
Volucella誌上広告のお知らせ 24
おしらせ 71
調査会のご案内 72
編集後記・表紙の説明 73


No.6(1998年10月発行)
B5, 63pp. 1,500円(税込・送料別)
横濱 充宏: 北海道で採集された日本未記録のハナアブ(4) 1-7
横濱 充宏: 北海道のクロヒラタアブ属について 8
木村 輝夫: Cheilosia nox (Stackelberg,1952)について   9
木村 輝夫: Criorhina asilica ヒメナガハナアブは日本にいるか? (2) 10
伊東 憲正・春沢 圭太郎:長野県でカノウアシナガムシヒキ Molobratia kanoi Hradskyォ を再発見 11-15
廣永 輝彦・岩井 大輔・丸山 宗利:栃木県のオウゴンアリノスアブに関する知見 17-18
大石 久志:京都東山における双翅類の移動に関する知見(予報)1報 19-25
大石 久志・弘岡 知樹:キノコに集まるヒメキイロコウカアブ 25-27
弘岡 知樹:大阪府笹部での調査会において採れたアブ 27
大石 久志・衣笠 弘直:キイロナミホシヒラタアブの発音と配偶行動について 28-29
桂 孝次郎:タカサゴモモブトハナアブ靱公園(大阪市)に群れる 29
大石 久志:クヌギに産卵するハチモドキハナアブ 30
大石 久志:夜間灯火に飛来したナミホシヒラタアブ 31
大石 久志:ハナナガモモブトコハナアブを琵琶湖湖畔で採集 31
大石 久志・伊藤 勝彦:エゾキヌゲヤナギより羽脱したヨツモンナガハナアブ 32
大石 久志:樹液にきたサキグロムシヒキ 32
大石 久志:シオヤアブの卵について 32
河合 正人:冬までに成虫になれなかったヒラタアブ類 33
桂 孝次郎・奧野 晴三:なんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)の花にハナアブはいなかった 33
市川 顕彦:キンバエはなぜ金属光沢を持っているのか(続) 34
市川 顕彦:ニクバエその後 34
春沢 圭太郎:セトウチフキバッタの体内から,ニクバエ科の幼虫を採集 35
桂 孝次郎:マンサクの花に飛来したキイロナミホシヒラタアブ 35
桂 孝次郎・奧野 晴三:ハナダカマガリモンハナアブ福井県に産す 36
高橋 秀男:トゲツヤイシアブを東京都本州側で採集 36
桂 孝次郎:堆肥に飛来したハナアブ 36
「桜にくるハナアブを調べよう」和歌山県・海南市 藤白坂(春沢 圭太郎) 37-38
「ムツボシベッコウハナアブの調査」 兵庫県・川西市(桂 孝次郎) 38-39
アブ調査会「比良山におけるドライアイストラップ」(米津 晃) 39-40
「ハナアブの多産地に行こう!」京都・芦生演習林(大石 久志) 41-42
記録ノート(大石 久志) 43-46
「双翅目談話会」第3回総会の報告(奥野 晴三) 46-49
ミズアブ勉強ノート(1)日本産ミズアブのカタログ(市川 顕彦) 50-53
文献紹介(大石久志) 53-57
「Volucella」(ドイツのハナアブ専門誌)の誌上広告のおしらせ(横濱 充宏) 16
原稿作成についてのお願い 57-56
双翅目談話会所蔵の標本と文献の収集およびその公開について 58-59
お知らせー環境団体との交流の経過報告と今後について 59-61
「第2回 同定会・勉強会&コンパ」「第4回 総会」のご案内 62
編集後記・表紙の説明 63


No.4(1997年10月発行) 
※弊社・発行元ともに完売
B5, 1,500円(税込・送料別)